任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

○「住宅ローンだけは滞納していません!」で競売にかかった…

「住宅ローンは払っているのに、競売?」「家の一部だけが競売に!?」

相談者:福岡県 R子さん(30代会社員)

状 況:夫のリストラ退職をきっかけにカードローン利用を開始。家だけは死守しようと、ローンや生活費をカードローン借金で支払っていました。4社それぞれの借入限度枠いっぱいになり、利払いのみしていたある日、R子さんあてに『競売開始決定通知』が舞い込みました。

競売への伏兵:カードローンと固定資産税の滞納

競売になる可能性があります。R子さんの場合、家が夫と共有であり、その持分について差押えになったのです。このほかにも固定資産税の滞納により、家が公売となるケースもあります。

競売申し立てをしてきたカードローン会社には、50万円ほどの借金がありました。この金額だけならば、周囲に用立ててもらうことはできそうです。しかし、競売申し立て費用と遅延損害金の加算があり、100万円近い現金が用意できないと、競売を食い止めることができない状態でした。

住宅ローンは払っていたため、任意売却もできない事態に

任意売却とは、ローン残債より下回る物件について、借金を全部返せないまま債権者に応じてもらう特殊な売却方法です。対応が特殊であるがゆえ、住宅ローンが事故債権化(滞納が続いている)してはじめてできる方法なのです。

R子さんの場合、住宅ローンの支払いを優先するばかり、他の支払いを後回しにしていたことが仇となりました。つまり、住宅ローンは正常なのに、他から横槍が入ったがために売却せざるを得ない、ということです。

《結果》

持分競売であったことから、価格は非常に安くなると思われました。そのため、R子さんの親族など、関係者に入札をしてもらうことを勧めたのです。ほかに入札する可能性が低いと思われたため、開始価格程度でR子さんの兄に入札をしてもらい、無事所有権を保全することができました。今後はR子さんの夫への贈与などで持分をまとめていく予定です。

R子さんは他にも同じような借金があり、今後も予断を許さないことから、住宅ローンの連帯保証人分の借金も併せて債務整理したそうです。