住宅ローンの滞納・競売・差押を解決 任意売却119番 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りなら任意売却

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550

メール相談
無料相談

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍

相談 電話相談(無料)
トップビジュアル

まずはご相談だけの方も多いのでお気軽にお問い合わせください

お知らせ・メディア掲載情報

  • tv asahi
  • 日テレ EVENT NEWS
  • フジテレビ
  • TBS NEWS
  • カンテレ NEWS
  • 
      NHK
  • media1
  • media2
  • media3
  • media4
  • media5

掲載実績のページへ >>

お知らせ一覧へ >>

住宅ローンの支払いでお困りの方へ

「これ以上ローンを払えない」という方はご相談ください。

当事務所では、これまで年間5,000名以上をお手伝いしてきました。
まずはご相談ください。

お悩みの前に、まずはお気軽にご相談ください!

住宅ローン、滞納を続けるとどうなる?

letter

仮に、あなたが住宅ローンや不動産を担保にした借入金の返滞納してしまった場合、そのまま何もしないでいると、通常、やがて債権者(借り入れ先)が担保不動産の競売を申立てを行うことになります。

競売になったら、あなたの自宅は、あなたの意志と関係なく売りに出されてしまいます。一番高い値段を付けた人が購入の権利を得ますが(これを「落札」と言います)、いくらで売れようと、代金はすべて借金の返済に充てられるため、あなたの手元には一円もお金が入りません。

しかも、競売では、ほとんどの場合市場より非常に安い価格でしか売れないため、家を失った後もなお、たくさんの借金が残ります。 また、引渡の時期は落札者の都合で決まるため、お子さんの学校の都合などがある方でも、否応なく退去させられてしまいます。このように、経済面だけでなく、精神面でも非常に負担が重いのが「競売」です。

売却の流れ

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550

任意売却119番の特徴/選ばれる理由

01

相談者の希望を第一に、将来のためになるご提案をします

富永 順三

代表・富永 順三

代表富永です。
私自身、子供の頃に競売を体験しています。
父が保証人となっていた旧友の方が借金により蒸発し、その負債を私達が負わなくてはならなくなったのです。
借金に追われ、電話に出るのも怖く、夜も電気をつけずに息をひそめて過ごした日々。
いきなり家を失い、失望と絶望に追い込まれて過ごした日々。
その辛さ、寂しさ、苦しみは、経験した者、なのでわかります。

ですから、この売却という方法を知った時、もっと多くの方々に知っていただきたい、困っている方々に少しでも安心していただきたい!と思い、そして立ち上げたのがこの「119番」です。

景気悪化による収入減、病気、離婚、リストラ、倒産・・・

真面目に頑張っていても苦難は突然に襲いかかってきます。
そんな時、あきらめないでください。
突然病気で倒れた時に救急車を呼ぶように、住宅ローンや借金で困ったら先ずは電話で相談できる所を・・という思いで、「119」という名称を付けました。困ったらいつでもお電話ください。
そして、一緒にまた新しい生活を築いていきましょう。

02

弁護士・司法書士など、法律の専門家と緊密に連携

住宅ローンの問題は、単に家を売れば解決するケースばかりではありません。
多重債務や相続、保証人との関係など、複雑な事情をお持ちの方のご希望にも幅広くお応えできるよう、弁護士・司法書士など法律の専門家と提携しています。
売却と同時に他の債務も整理したい方、売却か自己破産かで迷っている方にも、将来にとって有利な解決法を法的な観点からアドバイスできます。
弁護士によるご相談も初回は無料です。(要予約)

相談員の紹介

03

相談員は全員、任意売却の実績豊富なスペシャリスト

相談員の紹介

売却の相談員にもっとも必要な資質は「熱意」です。困っている方の力になりたい、再出発をお手伝いしたいという強い気持ちがなければ、良いサポートはできません。
しかし、熱意だけでは現実的な解決は不可能です。知識と経験のない者がいたずらに交渉すると、大事なところで判断を誤り、競売を回避できなくなります。

ある相談者の方の(仮にYさんとします)実例を紹介します。
Yさんのご自宅は、2,000万円と査定され、債権者(借入先)もその価格で売り出すことに同意してくれたので、売却することにしました。Yさんが思っていたより高く査定されたので、「これでかなり残債を減らせる」と安心して買い手が現れるのを待っていましたが、結局買い手がつかずに競売にかかってしまいました。
売りに出した価格が高すぎたのです。後で調べたところ、周辺の同程度の住宅が当時1,800~1,900万円台で取引されていたそうです。

このように、売却の申し入れが法的に可能かどうかということと、現実的に売れるかどうかには、大きなギャップがあります。
いくら熱意があっても、物件の適正価格を判断できなければ限られた時間の中で買い手を見つけることはできません。力になりたいと願うだけでは、金融のスペシャリストである銀行やサービサー相手にギリギリの折衝はできないのです。
だから、任意売却119番の相談担当は、「宅地建物取引主任者」や「ファイナンシャルプランナー」などの資格を持つ者、担当する地域で一定の売却の実績を持つ者に限っています。そして、電話相談の段階から、今後の見通しをできるだけ具体的にお答えするようにしています。
知識のないオペレーターが事務的なお答えをすることはありません。

04

全国に広がるネットワークで、幅広いエリアに対応します

  1. 1北海道相談センター札幌
  2. 2関東相談センター渋谷
  3. 3愛知相談センター名古屋
  4. 4関西相談センター梅田
エリア

相談センター

プライバシーに配慮した相談室での個別面談が可能です。(要予約)
なお、東京(渋谷)と大阪(梅田)では毎週個別相談会を開催しています。
詳しくはお電話でお問い合わせください。

随時面談が可能

相談員が常駐している都道府県です。ご希望があれば、随時相談員が訪問・面談いたします。

対応可能エリア

近県に相談員が常駐しているエリアです。
訪問・面談は可能ですが、お時間等ご希望に添えない場合がございます。

一部対応可能エリア

近県の相談員ができるだけ対応いたしますが、近況により対応いたしかねる場合もございます。悪しからずご了承ください。

応相談エリア

ご状況によっては対応させていただくことが可能です。窓口にお問合せください。

上記は概略です。「対応可能」となっている都道府県でも、地域により対応が難しい場合がございます。
上記地図で着色がない府県、およびフリーダイヤルが繋がらない地域は、申し訳ございませんが現在のところ対応いたしかねます。
少しでも多くの方のお力になれるよう、今後ともエリア拡大に努めてまいります。

05

ご相談・ご面談の日時・場所が選択できます

任意売却119番ではご相談者様のご都合に合わせたご相談・ご面談場所がお選びいただけます。
任意売却119番相談センターまでお気軽にご相談ください。

ご面談場所の詳細について >>

06

住宅金融支援機構をはじめ、都市銀行、地方銀行など300以上の金融機関への対応実績

一口に「金融機関」と言っても、それぞれの銀行・サービサーによって、売却に対する考え方、進め方は大きく違います。私たちは、これまで下に挙げるサービサーをはじめとする約300社の債権者に対応実績があり、その傾向、最新の動向を常に把握するよう努めています。

交渉実績のある銀行・信用金庫等の金融機関 一覧はこちら >>

事例・お客様の声

他にも、たくさんの喜びの声をいただいております →

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550