任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

〇突然の競売開始決定通知、任意売却可能ですか?

妻に任せていた家計管理。問題なく返済していると思っていた自宅へ競売開始決定通知が届いた…。

ゆとりローンが家計を圧迫

いきなり届いた競売開始決定通知に驚いたKさんは、奥さんを問いただしました。Kさんは普通に働いて、大きな昇給は無いものの、お給料も全額奥さんに渡していましたので、Kさんとしては、自分の収入があれば住宅購入時に組んだ住宅ローンも支払えないはずはないと考えていました。

ただKさんは、自身が借りている”ゆとりローン”の仕組みには無頓着でした。

ゆとりローンとは、旧住宅金融公庫で(現在の住宅金融支援機構)平成12年まで販売していた住宅ローンの名称です。当初5年~10年間のゆとり期間は返済額を低く抑え、ゆとり期間終了後の11年目以降はその分を上乗せして返済する仕組みでした。

これは、定期昇給と終身雇用を前提とした仕組みの商品でした。しかし、日本経済の変遷により平成12年には販売中止となっています。

このローンの特徴として、まず6年目に毎月の返済額が増加します。次に11年目以降の返済額の増加があり、これは当初支払い額の2倍程度になっていることはザラにあります。金利も4%以上であるため、支払ってもなかなか減っていないことも特徴的です。

Kさんの場合、支払い額が上がった時期はちょうどお子さんの高校・大学進学と重なってしまい、教育費もローンで借りたため、最終的に行き詰ってしまいました。結果、任意売却せざるを得ませんでした。

借り換えが難しいローンがネック

Kさん夫妻は「金利の安い先に借り換えができていればなんとかなったのに…。」と仰っておられましたが、原則、高い金利から安い金利に借り換えるのは至難の業です。そもそもゆとりローンからの借り換えはほとんどできないのが現状です。

《まとめ》

ゆとりローンに関わらず、超長期の返済は定期的に家計負担との検証が必要です。借りられたから、今まで問題がなかったから安心、ということはありません。できるだけ、借りる前に「返せる借金かどうか」についても考えておきましょう。