任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

〇強制競売7つのデメリット

まず、強制売却である競売の特徴についてご案内します。

Ⅰ 安価な開始価格
競売では、入札する側は、物件の内覧や土地建物の状態を確認できないままオークションに参加します。そのリスクを修正価格として割引き、市場価格より安価で入札を開始します。参加者の多くは、転売目的の不動産業者が多いことから、任意売却のように市場価格での売却は難しい傾向にあります。

Ⅱ 残債額が大きくなりがち
競売での落札価格で借金が完済できればいいのですが、でご紹介したとおり、

Ⅲ 明け渡しを強制される
落札後、不動産会社(落札者)は早期立ち退きを迫ってくることが多く、速やかに従わなければ、不法占拠者とみなされ、法的措置として強制執行される場合もあります。

Ⅳ プライバシー侵害
競売には、「事件番号」とある通り、事件として扱われることになります。自宅が競売に掛けられればインターネット上で公開されるため、プライバシーが危うくなります。また、競売に絡んで業者が多数訪問してきたりします。小中学生などのお子さんを留守番させているご家庭については、競売開始決定前に転居をお勧めしているのは、これが主な理由です。

Ⅴ 転居費用はまず見込めません
競売では基本的に、立ち退き料や引越し費用等の請求をしても、応じてもらえません。立ち退き日等の話し合いにも応じてもらえないでしょう。落札業者の多くは、占有者となった元所有者に甘い顔を見せるとかえってトラブルになる、とすぐ強制執行を申し立てる傾向にあります。

Ⅵ 精神面での不安
強制売却につき、裁判所の手続きに従って事が進みます。いつごろ、どうなって、誰から連絡が来るのか、また落札者からの連絡手段がどんなものなのか、不透明なまま競売は進みます。

Ⅶ 強引な最終的手段
担保ローンの滞納について、債権者(金融機関等)は競売で物件を処分する権利があります。借金を返済していない、という契約違反がある以上、弁護士などに相談しても弁済しない限り競売を止める手立てはありません。

《まとめ》
競売開始決定通知がきてしまうと、住宅は競売に掛けられてしまいます。並行してローン契約破棄からずっと元本に対し年利14.6%もの遅延損害金が加算されていきます。

住宅ローンの残債が数千万ともなると、半年の競売期間だけでも相当な遅延損害金が課され、借金がみるみる膨れ上がります。任意売却で競売を避け、借金を増やさないというのは、合理的な手段です。

住宅ローンに不安があり、自力で解決できそうにないときは、早めの相談や情報収集が肝要です。お気軽にご相談ください。