全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550

メール相談
無料相談

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍

相談 電話相談(無料)

2021/12/25(公開: 2021/12/25)

落日:貧困層の急増…「平均所得200~300万円未満が最多」

幻冬舎

貧困急増…「平均所得200~300万円未満が最多」

「主要先進7ヵ国でも最下位」日本人のキツすぎるリアル

コロナ禍前に海外旅行や滞在をした方なら、口を揃えて言います。

「諸外国の物価高には驚いた。チップも今や都市によっては2割も必要で、ちょっとした飲食に何千円、何万円もかかる。」

海外メディアが日本について、「貧困層の増加により、かつての中間層は消えつつある」などと報道しています。いっぽうで富裕層は株式市況の好調とともに増えており、恐ろしいほどの経済格差が深刻化しています。

では、中流つまり中間層とはどのような経済状況なのでしょうか。

厚生労働省の国民生活基礎調査 2019年度より、平均所得の分布図を紐解くと、中央値は437万円です。しかし、

【1】200~300万円未満」13.6%
【2】300~400万円未満」12.8%
【3】100~200万円未満」12.6%

と、所得300万円未満の世帯が最も多くなっています。
平均所得金額(552.3万円)以下の割合に至っては、61.1%と過半を超えています。

住宅ローンは年収200万円台でも組めますが、一定額以上となれば、年収400万円前後が最低限となります。そうなると、家をローンで買うこと自体が難しいでしょう。

いつか、「持ち家に自家用車が当たり前に持てた時代」と懐かしむ社会になるのかもしれません。