全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550

メール相談
無料相談

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍

相談 電話相談(無料)

2021/05/31(公開: 2020/02/21)

リースバックと買戻しの具体例

リースバックと買戻しの具体例

親族や親友に買い戻しの協力を仰ぐことが難しい方へ。
リースバックとは、家を一旦第三者に売却し、その売却した相手に対し元の所有者が家賃を支払って(賃貸契約)住み続ける方法です。買戻し特約締結と登記をしていれば、優先的に買い戻しすることが可能となります。

◆買主を探します

親族や親族による買取りが難しい場合、第三者の買主を探します。
第三者とは、不動産会社や個人の投資家です。買主は当該不動産の賃貸人となります。

◆リースバックの例

売主は、当該物件を売却し、その買主(賃貸人)と賃貸借契約を締結します。
★契約条件=の一例
・契約期間2~3年(定期借家の更新制)
・賃貸料(利回り8%~15%設定が多い)=売却額×(10%~15%)÷12ヶ月
・買戻し額=売却額×115%~125%

例)買取価格2000万の場合

1)神奈川県横浜市港北区の築8年の戸建て…賃料:月13.2万円、買戻し目安2350万円

2)神奈川県厚木市の築5年マンション…賃料11.2万+管理費1.8万円、買戻し目安2300万円

利回りや買戻し額、期間はオーナーや物件地域、物件種別、築年数や法令上の区分により大きく変動します。

◆買戻しは具体的にどうしているのか?

買戻しをする場合は、買主は以下のケースに分かれます。
・元所有者側で買い戻す資金が準備できた、あるいはローンが組めた

・子が成人し、子名義で買い戻す資金状況が好転した

・知人や親族が買い戻す

《まとめ》

リースバックは売主と買主の諸条件が合意しなければまとまりません。特に住宅ローンが大きく残っている場合は、金融機関の同意も必要です。しかし、最初から諦める必要はなく、ご相談いただけましたら、状況等を精査してリースバックの可能性を探ってまいります。