任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

○(元夫婦間のローン借換え)元夫名義の家を買いたい

年収も多く、頭金もあるのになぜかローンが通らない

相談者:Nさん(40代女性 会社員)

状 況:元夫名義の家にNさんが居住し、ローンを負担している。Nさんは長年大手企業勤務。年収も高く、預貯金もあり、ローンは充分借りられるはず。

しかし、離婚時どの銀行にも「夫婦間のローン変更や借換えは審査しません。」と言われ、取り合ってもらえなかった。元夫から再三「ローン名義を変えないなら、売却するから出ていけ」と言われて困っている。子どもたちのためにもこの家を自分のものにして、安心したい。

元夫婦間のローン変更や借換えは、ほとんど認められていない。
実は、住宅ローンは『第三者との売買』について認めています。そのため、親族間やたとえ離婚後で他人となっている元夫婦間であっても住宅ローンの付け替えは認めない金融機関がほとんどです。

正当な手続きをふんで、借り換えもできます。

簡単ではないものの、Nさんのように収入や頭金がある場合は、一定の準備をすることで融資を受けられる可能性が高いといえます。もちろん、正当な手続きを経ています。自分だけでは、あちこちの金融機関に断られるばかりで、元夫からは心ない言葉ばかり浴びていたNさんにとって、借換えは悲願でした。

《まとめ》

私どもがご紹介した金融機関で問題なくNさんのローンは通りました。驚いたのは、元夫側の要求通りに借換えが進みだすと、夫側が「やはり売却する。出ていけ。」と言い出したことです。売却すれば、ローン残額より下回るのは間違いなく、その差額を負担するくらいなら、ローン残高でNさんが引き受けてくれるので、元夫側が受けるメリットは大きいことを説明し、協力を得ました。

人の感情は移ろいやすいうえ、離婚している間柄の橋渡しであるため、最後まで気が抜けない事例でした。