全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550

メール相談
無料相談

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍

相談 電話相談(無料)

2021/08/16(公開: 2021/05/20)

任意売却でブラック掲載? 残債と売却の関係について

Q任意売却は自己破産のように、何か不利なことやデメリットはありますか?また、ブラックリストに載ると聞きましたが、本当ですか?

a

『最大のデメリットは、新たな借金ができなくなることです。』

任意売却に限らず、金融事故(ローン滞納)をすると、信用情報にその記録がつきます。遅れも同じように登録がなされ、滞納が3ヶ月以上続くと、「新規与信不可先」として、当面新たな貸出しは受けられなくなります。

任意売却は、「売却しても借金が残る」ゆえ、予め住宅ローン滞納が続いていなくてはなります。そのため、信用情報にはその記録があり、それを俗に「ブラックリストに載る」と表現しているようです。これが任意売却のデメリットのひとつとされています。

ただし、新規でお金を借りること、新たにクレジットカードを作ること以外に日常生活に支障をきたすことはあまりないでしょう。

自己破産などの債務整理との違いは、弁護士や司法書士への依頼の有無。そして、清算対象が不動産のみか否か、という点です。自己破産ではクレジットカードも清算することになりますが、任意売却は不動産のみ処分します。