全国対応・土日も受付・女性相談員在籍
お悩みの前に、まずは気軽にご相談ください

無料
相談

年中無休で受付中:AM7:00-PM11:00

0120-281-550

メール相談
無料相談

全国対応・土日も受付・女性相談員在籍

相談 電話相談(無料)

任意売却すると、ブラックリストに載りますか?

Q任意売却をすると、ブラックリストに載ると聞きました。本当でしょうか?また、任意売却後はずっとお金を借りられなくなるのでしょうか。

a

『金融機関において、ブラックリストなるものはありません。信用情報に事故(延滞履歴)登録がなされます。』

CIC:信用情報開示報告書の見方

 

信用情報とは

信用情報とは、クレジットカードの引き落としやローン契約などにに関する情報のことです。個人の、個々の取引履歴を登録した情報です。原則、本人しか取得できません。

この信用情報は、後払いや分割払いを商品として提供する会社が顧客の「信用(度)」を判断するための参考として利用されています。
なお信用情報には、人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は一切含まれていません。


 

 

任意売却に限らず、金融事故(ローン滞納)をすると、信用情報にその記録がつきます。遅れも同じように登録がなされ、滞納が3ヶ月以上続くと、「新規与信不可先」として、当面新たな貸出しは受けられなくなります。

任意売却は、「売却しても借金が残る」ゆえ、予め住宅ローン滞納が続いていなくてはなりません。そのため、信用情報にはその記録があり、それを俗に「ブラックリストに載る」と表現しているようです。これが任意売却のデメリットのひとつとされています。

任意売却をする、しないに関わらず、住宅ローンの滞納(遅れを含む)やクレジットカードの引き落とし不能があると、事故登録がなされます。つまり、信用情報の棄損は任意売却特有であるとは言えません。

信用情報は当人でなければ取得できないのが原則です。新規でお金を借りる際や新たにクレジットカードを作る、利用枠を増やす際ことが当面難しいということ以外のデメリットはほとんど生じないはずです。

自己破産などの債務整理との違いは、弁護士や司法書士への依頼の有無です。そして、清算対象が不動産のみか否かという点です。自己破産ではクレジットカードも清算することになりますが、任意売却は不動産のみ処分します。

 

 

参考:任意売却と信用情報 ~デメリットはブラックになるだけ?~