競売のデメリット

競売の全体の流れとしては、約1年間の期間となりますが、この競売を取り下げて任意売却にて処理を行える期間は、返済が滞ってから開札日の前日までの約7ヶ月~10ヶ月以内の期間となります。開札日を超えてしまうと、もう任意売却へと変更はできず、競売のみとなってしまいます。

下記の図は、競売が決定するまでのスケジュールとなります。

競売のスケジュール