[収益物件] 相続対策のつもりでアパートを建てたが、上手くいかず…


宮城県仙台市
K・I様

職業:会社役員
年齢:61歳
家族:妻
【収益物件】
時価:7000万円
ローン残高:12500万円

ご相談の経緯

バブル時代の頃、相続対策のつもりで代々受け継がれた土地に駐車場を買い足し、2億ほど借り入れて、一棟収益物件を建てられました。
その後、バブル崩壊。高い利息と価格の大幅な下落、築年数経過による収益の悪化が重なり、完全に破綻しました。
「先代に申し訳ない。自殺して残金を保険金で賄おう」と何度も考えながら、会社のこと、従業員のこと、そしてご家族を考えて思いとどまられたそうです。
月々の支払いがもう少し安ければなんとか支払えると考えて銀行に返済計画の見直しを申し入れましたが、応じてもらえませんでした。 競売開始決定通知が届いて、相談に来られました。

解決にあたって重視したポイント

  • 賃借人に迷惑をかけたくないので、競売を避けたい
  • 子供のことを考えると、狭くてもいいから戸建に引越したい

ご相談から解決までの流れ


富永が担当しました。 【相談員より】
相続対策失敗の典型的なものです。
借金で死を選ぶ必要などありません。
「命の代償で家を守ろうとすることこそ先代がお許しにならなかった」との奥様の言葉に同感です。

T様のご感想 ~すべての手続きを終えられて~

物件は失いましたが、賃借人に大きな迷惑を掛けることもなく、新しい家主の方に買っていただけてほっとしました。
自宅の近所にある物件なので、今でもしょっちゅう目に入ります。
複雑な気分ですが、それでも毎月80万の支払いに四苦八苦していた頃を思えば、今は楽です。それに自分はしたくてもできなかった改装をしてくれて見違えるようになった物件を見て、気持ちが救われました。
俺のものではなくなったけど、大事に使ってもらえてよかった、と。
相続対策なんてうまいこと言われていい気になったのがいけませんでした。
土地を守るつもりが逆に失うことになったのは、私の完全なミスです。