離婚するのですが、住宅ローンの夫婦間での連帯保証人はどうなりますか?

結婚後、夫婦円満な時にマイホームを購入された方がほとんどでしょう。
ところが離婚となると、幸せの象徴だったはずのマイホームが様々な問題をはらんできます。
夫婦となり買ったマイホームは、財産分与の対象となることはもちろん、残っているローンについても考えていかなくてはなりません。

特に夫婦で連帯債務者(共有名義)になっている場合や、どちらかが連帯保証人になっている場合、どのように対処したらよいのでしょうか。
キーワードの解説から、予想されるリスクも含めて考えていきましょう。

1)連帯保証人と連帯債務者の違いについて
2)連帯保証人の支払い義務と責任について
3)共有名義や連帯保証人のままにしておくとどうなるのか?

連帯保証人と連帯債務者の違いについて

まず、保証人と連帯保証人は違います。
保証人は、お金を借りている人が支払いを怠らないように助言する立場。お金を借りている人に返済能力がある限り、保証人は責任を持つ必要はありません。
しかし連帯保証人は、お金を借りた人と同じ責任を負うことになります。
保証人と違って借りた人が返済できない場合は、貸した側から連帯保証人に一足飛びで返済を求めても良いことになっています。

例えば、夫がローン契約者で妻が連帯保証人にサインをしている場合…
別れた夫が返済できないとなると、連帯保証人である妻に対して一足飛びに返済請求がきます。
そして妻は「夫に請求してください」と主張する権利(催告の抗弁権)がありません。
借りた人が返済できないとなった時に、はじめて請求を受ける立場にあるのが連帯保証人です

一方、連帯債務者は、借りた人と全く同じく支払い責任を負う立場にあります。
債務者とはローン申込人のこと、夫婦の共有名義でローンを組んだ場合は、夫婦で連帯債務者となります。

連帯保証人の支払い義務と責任について

離婚したからといって、カンタンに連帯保証人を抜けることはできません。
なぜかというと、連帯保証は夫婦間での取り決めではなくローンを組んだ金融機関との契約だからです。
離婚したからという理由では、連帯保証の責任は消えません。

(1) 連帯保証を解除できるのか?

連帯保証が解除されるのは、住宅ローンが完済(全額返済)された時。ローン返済途中である以上、連帯保証人を抜けることはきわめて難しいと考えてください。
それでも全額返済以外で連帯保証人を抜ける方法として、以下の3つの方法が考えられます。

1)住宅ローンの借り換え

現在の住宅ローン残高が、夫婦合算ではなく夫単独の収入(年収)で借り換えることができるとすれば、妻側は連帯保証人になる必要はありません。
その為、 離婚の前にローンを借り換えることで、連帯保証の責任は消滅することになります。

2)代わりの連帯保証人を連れてくる

一定以上の収入のある人に、連帯保証を代わってもらうということです。
リスクの大きい連帯保証人の身代わりを探すのは、かなり親しい親族であっても難しいこと。
あなたがいかに説得するか、ということです。

3)住宅ローン相当分の固定資産を担保にする

住宅ローンに相当する一定以上の資産を持っていて、それを担保にするという方法です。
いざという時に取り返せる担保があれば、金融機関も文句を言わないでしょう。

(2) 共有名義や連帯保証人のままにしておくとどうなるのか?

離婚後も共有名義や連帯保証人のままだと、様々なトラブルの危険性があります。

よくあるトラブルとしては…
共有名義や連帯保証人であるため、ローンを滞納された場合の支払い義務や責任が心配。
家を売りたくても元夫や元妻が邪魔をする。
などなど、これらの解決策として任意売却という方法があることをご承知おきください。
売却価格が残っているローンの額より低かった(オーバーローン)としても、任意売却なら収入や状況を考慮した無理のない返済が可能になります。

まとめ。

夫婦で共有名義や連帯保証人になっている場合、離婚する際に思い切って家を売却することがより良い解決策。
しかし売却価格が残債より低かった(オーバーローン)場合は、ローン残高とのバランスを見極めてベストな対処法を選ぶうえで任意売却のことを学んでおくことが重要。

(参考)離婚ではなく相続の場合は?

主たる債務者が夫で連帯保証人が妻のケースで、夫が病死した場合でも妻の支払い義務は消えません。
また、妻が連帯保証人ではなくて財産相続する場合は、団体信用生命保険が付いていない住宅ローンのケースではローン残高を保険で補う事ができないため、相続人である妻に住宅ローンの残高の支払い義務が発生します。

しかし「限定承認」(行政書士が手続き可能)による相続を選択する事で、相続した財産の範囲内で債務を支払う事ができ、万が一不足分が出た場合は相続放棄が出来るので妻の負担はほぼありません。