一般媒介契約では真剣に販売活動を行なってくれない?

Q任意売却を検討しており、銀行からは「一般媒介契約でも任意売却は可能」と聞きましたが、とある不動産会社に相談したところ一般媒介契約では応じられず専任媒介契約なら受けられるとの事でした。一般媒介契約で多数の不動産会社に依頼した方が売れやすいと思うのですが、専任媒介契約じゃないといけないのでしょうか?

a 不動産業者に売買の仲介を依頼する場合は、必ず「媒介契約」を結びます。媒介契約は宅地建物取引業法によって定められています。

媒介契約には3つの種類があります。

1. 専属専任媒介契約

  • 契約は1つの不動産会社のみ
  • 1週間に1度以上、売主に販売活動状況を報告する義務がある
  • 5営業日以内に不動産流通機構(通称レインズ)に登録する義務がある
  • 自分で買主を見つけることはできない(違約金が発生)

2. 専任媒介契約

  • 契約は1つの不動産会社のみ
  • 2週間に1度以上、売主に販売活動状況を報告する義務がある
  • 7営業日以内に不動産流通機構(通称レインズ)に登録する義務がある
  • 自分で買主を見つけることができる

3 一般媒介契約

  • 同時に複数の不動産会社と契約することができる
  • 売主に販売活動状況を報告する義務はない
  • 不動産流通機構(通称レインズ)に登録する義務はない
  • 自分で買主を見つけることができる

任意売却の場合はどの媒介契約がいいのでしょうか。

任意売却の場合、下記の3つの理由から、専任契約、又は専属専任契約が一般的です。

(1)金融機関とのスムーズな交渉の為

任意売却は、一般売却と違い、貸出先のローン会社や金融機関との話合いが必要となりますので、交渉の窓口を一本化するという意味において、専任契約又は、専属専任契約が一般的です。

(2)個人情報管理の為

任意売却は、借金や離婚など様々なご事情があり止む無くされる方も多いと思われます。
専任契約・専属専任契約の場合、そのような情報があちこちの不動産会社などに公開されることなく進める事が出来ますので精神的な負担も軽減されます。

(3)売却を一緒に進める為

一般媒介契約は、多数の不動産会社が情報を扱う為、お客様と情報今日共有が難しく、また、どの業者も真剣に販売活動を行なってくれない可能性もあります。任意売却の場合は普通の売買とは違い、債権者との調整、連絡が必ず必要になってくるため、依頼する業者は1社に絞ったほうがやりとりがスムーズになります。

これらからお判りになるように、任意売却は、単なる不動産売買だけでなく、今後の生活なども含めて信頼して相談が出来る会社を選んで専属でお任せすることが成立の近道といえます。