任意売却のデメリットとは?

住宅ローンを滞納し支払いの見通しが立たない場合、住宅ローンを融資してくれた金融機関は抵当権を実行し、担保となっている不動産(自宅、マンション)を競売に掛けることで債権回収を行ないます。
しかし昨今、任意売却という解決手法を認めてくれる金融機関も増えており、競売と比較して、

  • 市場価格より高く売れる
  • 引越し費用を捻出してもらえる
といったメリットが着目されますが、デメリットも少なからず存在します。
このページでは任意売却のデメリットについて解説します。

1. 滞納することが必要

⇒ 任意売却をするにはまず債務者がローンが払えない状態、いわゆる滞納していることが条件となります。ただ1、2ヶ月の滞納ではなく数ヶ月の滞納期間を経て任意売却へと進めていくことになるため、債権者からの支払い督促への対応面で不安を覚える方も少なくありません。

2. 債権者の同意が必要

⇒ 残債(残債務)よりも低い価格で売却してもいいかどうか、債権者の承諾が必要になります。承諾を得てからも売買価格を決めるためには個人では交渉できないため、専門の業者に依頼することが必要となります。なかには任意売却を受け付けないといった債権者もあるため、そこは経験豊富な専門の不動産業者へ依頼することが成功の近道となります。

3. 連帯保証人に迷惑がかかる

⇒ ローンを滞納すると連帯保証人にも請求がいくことになります。そこで連帯保証人が返済してしまうと任意売却はできません。必ず連帯保証人の協力がなくては成り立ちませんから任意売却の同意を取り付ける必要があります。ちなみに「連帯債務者」は債務者と全く同じ債務責任を負う立場にありますのでこちらも協力が必要です。

4. 競売の危険性

⇒ せっかく販売に至っても買い手がつかなければ任意売却は成立しません。必ず売却できるとは限らないということ、時間に限りがあるなかでの売却のため、自宅が売れなければ競売になってしまうというリスクがあります。競売になると残債の一括返済を求められ、返済できなければ自己破産まで追い込まれることも考えられます。

5. 信用情報にのる

⇒ 俗に言うブラックリストに載るということです。今後5年~7年程度は大きなローンは組めなくなります。ローン審査が通らないということですが預貯金等が押さえられるなどの破産とは違います。

「任意売却とは?任意売却のメリットについて」も合わせて確認ください。