大阪府および関西で任意売却をお考えの方へ

大阪の地域担当 : 富永 順三

任意売却119番 代表コンサルタント。
大阪を中心に、近畿全域の案件を担当。

勇気を出してご相談ください。
私たちはあなたの味方です。

お金のことを他人に相談するなんて恥ずかしい、
滞納していることを告白したら叱られるんじゃないだろうかと、ためらっていませんか。
ほんの少し勇気を出してください。

なにかと心苦しいお借入先との話し合いは、私たちがあなたの代わりに行います

また、不本意ながら市税固定資産税をためてしまって差押を受けた方、私たちが役所に出向いて、解除してもらえるようお願いします

任意売却ってこんなに簡単だったの?と驚かれることでしょう。

大阪府の任意売却対応状況

  • 大阪府では、7名の相談員が対応可能です。
  • 大阪府全域で即日または翌日の面談が可能です。
  • 大阪市内に相談センター(個室)があります。
  • 大阪市内の事務所にて、弁護士による無料相談が随時予約可能です。

※但し、ご予約状況により、ご希望の日時に対応できない場合もございます。ご了承ください。

大阪の任意売却相談でよくあるケース

任意売却のご相談をされる方で、特に大阪の方に多いのは、「競売開始決定通知書が届いてからお電話をいただく」というケースです。
滞納が続いているのを知ってはいたけれども、銀行が何も言ってこないからそのままでも平気なのかと思ってほっといた結果、競売の申立をされてしまった、というパターンです。
競売開始決定通知書が届いてからでも任意売却はできますが、もっと早いタイミングでご相談いただいた方がより確実です。 もちろん、引き続きお支払いをされたいというお気持ちがあるのも理解できますし、お支払が難しいから滞納をしているというご状況も理解できます。
ですが、少し前の時点にてご相談いただくことは可能なことが多いはずです(競売開始後に初めて知られた方のケースは別ですが…)。
そのご相談を早い段階にてご決断できるかどうかが、任意売却の販売活動を左右するといっても過言ではありません。

任意売却は、ご相談者様のご状況にもよりますが、基本的には

  1. 限られた期間の中で
  2. 金融機関が認める金額にて
  3. 買ってくれる人をみつけなければ解決できない
と、上記のようになっております。また、下記のMAPは大阪府全域を事例に取り上げましたが、同じ都市部であると思われていた大阪府でも、こんなにも事情が違っているのです。

早い解決が見込まれる地域(大阪府の事例)

よりスムースな解決をご希望の方が「今行動すべきこと」 1)共有名義人、保証人がいらっしゃる場合は、その方々の同意・意思疎通をとる。 2)今後どうしていきたいのか、ご希望の方針をまとめる。(どうしたら良いかわからない場合はご状況にあったご提案をいたします) 3)メールでも電話でも、ご都合の良い方法にて一刻でも早くご相談ください。

競売入札前ギリギリになってからのご相談となりますと、早い解決が見込まれる地域であっても、売却先が見つかりにくい時期がちょうどあたったり、販売期間が非常に短く時間切れになってしまったり、また、ご本人様やご家族様の心の準備期間が足りず、ご決断されていらっしゃらないままのケースが多く、どの原因にしても途中で諦められてしまうケースが多くあります。これらは全て解決が見込まれない場合がありますので、手遅れになる前に、一度ご相談ください。