豊富な解決事例16

収入減職業上の制約で自己破産できない。どうすれば…

事例16写真
  • N・T様
  • 福岡県北九州市 職業:自営業
    年齢:48歳
    家族:妻・母・子供
  • 戸建
  • 時価:1800万円
    ローン残高:約2500万円

  • ご相談の経緯

    リーマンショック頃から収入がガタ落ち。生活費はお母さまの介護費含め月に30万、自営の維持費に50万が必要でした。
    親戚など他に借りるあてもなく、強い抵抗を感じながらもカードローン借り入れをして生活に住宅ローンの返済に充てておられました。
    今回、借入の総量規制が始まると聞いて、そのカードローンも借りられなくなりそうでしたが、保険代理店を経営されている関係上、自己破産は絶対にできません。八方塞がりの中、半ばやけっぱちで問い合わせをなさいました。

    解決にあたって重視したポイント

  • ● 職業上の事情で自己破産だけはできない
  • ご相談から解決までの流れ

    チャート図

    相談員より

    富永顔写真

    富永が担当しました

    T様のように、債務が大きくて自己破産をしたいと思っても、職業上の成約から自己破産ができない方も少なくありません。 その場合、任意売却と同時に、弁護士の先生を頼んで任意整理、個人再生などをお勧めすることになります。

    T様のご感想
    ~すべての手続きを終えられて~

    買主の方の理解もあり、末娘の中学卒業後の引渡しが叶いました。 担当の富永さんのアドバイスに従って、公営住宅の手配を前倒しでしておいたのが良かったと思います。 娘たちは家を去ることに涙していましたが、私の実情を知ってからは優しくしてくれるようになった気がします(笑) 家内は「老後にローンを持ち越さなくて良かったのかも。」と。 家族が無事に一緒に暮らせる幸せを大事にしていこうと前だけを見て生活します。

    前の事例へボタン
    次の事例へボタン

    任意売却119番へのお問い合わせ方法

    無料にてご相談を受け付けております。お電話でのご相談が難しい・怖い・言葉につまって何を話せばいいのかわからない、などの場合はメール相談をご利用ください。

    電話でのご相談 個別相談会予約 メール相談 サイトURL
    Copyright 2007- 任意売却119番
    All right reserved.