任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

記事:住宅ローン返済を延滞した後に起こりうる事態

住宅ローン返済を「延滞」した後に起こりうる「悲惨な事態」

現代ビジネス

 

住宅ローンのうち、変動金利には優遇金利制度があります。住宅ローン利用者の多くは、「基準金利(店頭の表示金利)」よりもかなり低い金利が適用されています。しかし、返済中に延滞(滞納)をしてしまうと、その優遇金利の適用がなくなります。つまり、返済額が増えてしまうのです。条件などによっては、返済額40パーセント程度が増えてしまうことがあり、注意が必要です。

住宅ローン返済に苦しむ人が増加中

なにより実収入が頭打ち、または減少していることから、日本人の家計は苦しさを増している。コロナ禍が長引いていることからも先行きの不透明感は増している。

もし、住宅ローンを滞納してしまう事態になると、せっかくの自宅を失ったうえ、借金がまだ残るといった事態に陥りかねない。

その状態を回避すべく、返済が苦しいと感じた時点で住宅ローンを借りている金融機関に相談しましょう。場合によっては、返済期間の延長、あるいは一時的な元金返済の猶予(利払い)などの条件変更に応じてもらえるかもしれません。まずは返済額を低くすることで、住宅ローンの滞納を避けることで、自宅を守りたい。

↓記事イメージ

 

任意売却119番