任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

◎代位弁済通知が届いてしまった・・・

住宅ローンを3ヶ月~6ヶ月(金融機関によります)滞納すると一般に、金融機関から代位弁済の通知が届きます。代位弁済通知の前に「期限の利益喪失通知」が届いているはずですが、どうして良いか分からず対応されていないことが多いようです。精神的にも追い込まれてしまいがちで、怖くて債権者からの書類(郵送物)は全く見られなかったという方もいらっしゃいました。

ほぼ初めての経験という事もあり、書類を読んでもピンとこないし頭に入ってこないことから、置かれている状況を把握できないでいる方も少なくありません。
まだ大丈夫だろう、何とかなるだろう、と願望だけではどうにもならない段階まで来ています。

《期限の利益の喪失》

期限の利益の喪失とは、契約(約束)した期限までに債務の返済を履行できない場合、債務者(借金を負っている人)は分割返済のルールを破ったとみなされ、債権者(金融機関等)から一括返済請求されることになります。この状況に陥ったことを期限の利益の喪失といいます。

《代位弁済》

債務者(借金を負っている人)に代わって第三者が債権を弁済(借金を立て替える)することで消滅した債権や担保物件等が、その弁済者に移転することを言います。不動産の場合は保証会社(下記:一例)が金融機関の代位弁済をすることになります。保証会社は引き継いだ住宅ローン債権を回収するために、サービサーと呼ばれる債権回収の専門会社に債権の回収業務を委託することになります。

《期限の利益喪失》や《代位弁済》の内容を知らない(知りたくない?)債務者さんは、まだ、何とかしてローンの巻き戻しや借り換え(リスケジュール)ができないものかと思案される方もいらっしゃいますが、これはもっと早い段階で申請などしなければなりません。連帯保証人や連帯債務者が居れば、その方々にも請求がいきます。

《まとめ》早めの相談が肝心です

住宅ローンの返済が難しくなる原因は、それぞれのご事情がありやむを得ないケースがほとんどでしょう。住宅ローンの返済が難しくなりそうな段階でも構いません。早期にご相談いただくことで、時間的にも精神的にも余裕も生まれます。