任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

離婚を原因とするご相談Ⅱ

1. 妻子が家に残るケース

その理由は様々でも残念ながら離婚される(された)場合、そのお話合い(離婚調停を含む)で妻子が家に残られるケースが傾向として多く見られます。この場合、当該住宅の所有権名義と住宅ローン名義においても様々なご相談があり、相談者様ごとにそれぞれ難しい問題を抱えていらっしゃいます。

妻子が家に残るケースでまず問題となるのは、住宅ローンを誰が支払うのかという問題です。住宅ローンの契約上、契約者(債務者)はその住宅ローンに係る住宅に居住していなければなりません。基本的には居住していなければ契約違反行為となります。

2.ケースごとの問題点等

① 土地、建物:夫名義100%の場合

上記でも述べたように、夫名義100%の住宅に妻子が残り夫は当該住宅に居住しないことは住宅ローンの契約上、基本的には違反行為となります。慰謝料代わりに夫が住宅ローンを負担するケースが多いですが、経済的な理由から支払いが困難になり、金融機関から督促状が届いたタイミングでご相談に来られることもあります。

ひどい場合は、競売に掛けられて初めて住宅ローンが滞っていることを知ったというご相談もありました。名義人である元夫と連絡がつけば良いのですが、経済的な問題を抱えてらっしゃる場合、連絡がつきづらくなるケースも多々あります。

任意売却では、住宅ローンの契約者様及び保証人等全ての方の意思確認が必要となりますので、連絡がつかない場合手続きが難航することがあります。

離婚時に家に残る妻名義に名義変更できればベストですが、住宅ローンの名義変更では一定の収入が求められますので、妻への名義変更はむずかしいと言えます。

《まとめ》

土地、建物:夫名義100%の場合、上記のような様々な問題が生じます。経済的な問題を抱えてらっしゃる場合がほとんでですが、疎遠になってしまっているので、連絡がつきにくい場合や感情的にあまり接触したくないとおっしゃるケースもあります。

また、精神的にかなりダメージを負ってしまい、上手くコミュニケーションがとれない場合も稀にあります。

できれば会いたくないので、弁護士を介して、妻自身は一切連絡をとらないとおっしゃるなど様々な状況がありますが、しっかりコミュニケーションをとり心情を察しながら、双方のパイプ役となり任意売却手続きを進めてまいります。

現状に混乱されていても構いません、出来るだけ早い対策が求められます、ぜひご相談ください‼