任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

任意売却して残った借金はどうなるの?~残債対応~

Q:「任意売却後の住宅ローン残債はどうなりますか?それはローンですか?」

A:『ローンではありませんが、残債は少額ずつ返済していきます。』

住宅ローンがどうしても返済できず、任意売却をする。家を売っても住宅ローンがまだ残っていれば、それも返していかなくてはなりません。多くの人は、賃貸物件に移って家賃を払いながら、住宅ローンの残りも返済することになります。それでは生活が成り立たないことは、金融機関も承知していますので、多くの債権者が少額ずつの支払いを認めているのです。

 

Q:「家を売っても残った借金は、絶対に払わなくてはなりませんか?」

A:『自己破産などの債務整理をしない限り、支払い義務があります。』

日本ではリコースローン(※)が採られており、家を手放して借金が残っても、借金は終わりません。これは、家に対して貸したローンではなく、人に対して貸している、という考え方に基づきます。そのため、連帯保証人といった、お金を借りていない人からの保証まで求めることがあるのです。

(※)リコースローン:支払い不能になった際の責任範囲を、担保不動産に限定しないこと。債務者の他の資産(給与や預貯金、その他財産)に影響が及ぶ貸し方。


1.残ったローンの交渉はどのように進めるの?

Q:「残債の支払い交渉は代わりにやってくれますか?」

A:「債務に関する交渉は、法律で債務者本人または弁護士が対応しなくてはなりません。ただし、交渉の進め方については、アドバイスという枠組みでご説明は可能です。』

1-1.残債務交渉の実際:

一括返済請求を受けるが、少額ずつの支払い計画交渉を持ちかける

残った債務については、「一括返済請求」を受けます。任意売却後の生活収支報告を出し、少額ずつの支払い計画を立て、その額を交渉します。これまでの実績より、多くの方は債務がいくら残ろうが、月々1万円前後がボリュームゾーンです。

 少額弁済に応じる理由①:任意売却後の残債は、もはやローンではない  

任意売却は、住宅ローンが払えなくなった人が、競売を避けて自分の意思(任意)で売却をするものです。そもそもローンが破綻し、事故債権となっているため、残債務をローン時と同じように求めても払えないことを金融機関は承知しています。そのため、住宅ローンと比較して、かなり少額の支払いでも応じているケースが多いのです。

 少額弁済に応じる理由②:債務整理しない先には請求するしかない 

金融機関としては、取り立てるべき債権がある以上、回収を試みなくてはなりません。それがそれほど見込みの薄い先でも、業務として債務者に連絡していく必要があるのです。そのため、中には「生活が苦しいなら、破産してください。」と言う担当者もいるほどです。払えない、と言っている相手に、「それでは困ります。いつ、いくらなら払えますか?」という連絡を延々と入れていくことになります。

1-2.ずっと少額の支払いを続けられるのか?

ローンの貸し手が民間か公的資金かによって、大きく違っています。住宅金融支援機構や政策金融公庫融資の場合、公的な資金なので、残債のカットはありません。定期的に生活状況の報告をしながら、少しずつ払っている人が多いと言えます。

これに対し、民間貸出しの場合は、ある段階で借金の大幅な減額が認められることがあります。


2.残債務のゆくえ ~ 返済はいつ終わるのか ~

2-1.民間債権の場合:サービサーへの債権譲渡

・保証会社からサービサーへの債務譲渡がある

任意売却や競売などで残った債務は、不良債権として扱われています。金融機関は、この不良債権を一定の割合(額)以上抱えることはできません。そのため、定期的に不良債権をまとめ売りします。この不良債権を買うのが『サービサー』と呼ばれる法人です。

(参考)https://www.servicer.or.jp/servicer/index.html一般社団法人 全国サービサー協会

サービサーとは:サービサーとは、債権回収会社です。文字通り、債権(借金)を回収(取り立て)を行います。金融機関などから業務を委託、あるいは債権を譲り受けて、金銭債権の管理や回収を行う法人です。サービサーは、資本金5億円以上あること、取締役に弁護士を1名以上立て、反社会的組織とかかわりがないうえで、法務大臣の許可を得て設立できます。日本には令和元年6月1日現在、77社のサービサーがあります。

2-2.債権譲渡された借金は、圧縮される可能性が高い

サービサーが買うのは、いろいろな債権です。金融機関が手放すものの多くは、不良債権化したものです。任意売却や競売後の残債務、支払いが不能になったカードローンなど、さまざまです。サービサーはこれら何百件もの債権を”一山いくら”の状態でまとめ買いしています。当然、満額で買うのではありません。

買った債権の山から、回収ができそうな先を選んで連絡をしていきます。初期段階では、一括返済請求や、全額弁済のための提案をしてきます。しかし、それができればそもそも任意売却をしているはずがないのは担当者も承知。次にできるのは、”一体いくらなら払えるのか?”この時がチャンスです。

2-3.サービサーとの交渉

サービサーとの連絡に臨む手段や流れは、任意売却時と同じ

『債権譲受通知』といった、”当社にあなたの借金が譲渡されましたよ”というお知らせを受けたら、交渉をかけていきます。最初は一括返済請求のみの場合もあれば、和解案と第して、元本全額をハイペースで払うよう通知してきます。しかし、これを受け入れなければならない、ということはありません。交渉しましょう。

債権の圧縮と決着を目指す場合は、和解案を提示します。できるだけ、まとまった金額を一括で支払うほうが効果的です。例えば、残債が500万円ある場合、「手元に70万あります。これで和解金とし、残債は請求しない、という和解案に合意していただきたい。合意の際は、書面を交わしたい。」といったように。

相手も多い回収を目指しているので、一度や二度では応じないでしょうから、払える額に余力を残して、交渉を始めるほうがいいでしょう。例えば、残債額が500万あり、一括で150万払える場合、まずは80万から交渉をスタートしてみる、など。

合意が得られた場合は、忘れずに書面を交わし、残債についての扱いや更なる債権譲渡がないように注意します。書面の作成は、弁護士や司法書士あるいは行政書士などに依頼することは望ましいでしょう。

※住宅ローンの保証会社自体がサービサーですが、このサイトでは、一般の方に分かりやすく説明するために、債権者(最初に融資をした立場)、保証会社(代位弁済をした会社)、サービサー(任意売却後の債権を買い取った会社)としています。


あとがき

3.住宅ローン破綻で、人生が行き詰まるわけではない

貧者は強者

まず認識していただきたい点は、『経済的に破綻しても、人生そのものが行き詰まったわけではない』ということです。実際に私どもは、住宅ローン破綻を発端とする、”人生、八方塞がりだ。”と仰る方々と数多くお会いしてきました。

どの方も、任意売却に至るまでにさまざまな苦労を重ねていらっしゃいます。借金で苦しむのも、家を手放すのも大変なストレスです。中には、心まで病んだり、体調を崩す方もいます。

時折、任意売却後にかつての相談者からお手紙やメールをいただきます。そして、任意売却経験者の多くが「あの時、あれほど家にこだわっていたのはなぜなんだろう。」と仰います。

残債については、少しずつ支払い続ける人、債務整理をする人、どちらもできかねている人、さまざまでしょう。それでも人生は続いています。実は、返せない人が弱い立場なのではなく、もっとも困っているのは、お金を貸した側やその債権を買い取った側です。彼らは、貸した金をただ「返してください。」と、規定に従った方法で回収を目指すしかないのです。