任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

滞納前~滞納初期のご相談者様

1. 滞納をしたことがない人がほとんど

まだ住宅ローンを滞納する前の相談者は、住宅ローンを滞納についての抵抗感が強い方が少なくありません。ローンを滞納したことなどない人にとって、何か月も不払いをして、金融機関から督促を受けることに強い不安を感じるのは無理もないことです。また、督促状や催告書が自宅に届けば、子どもに分かるのではないか、といった不安があるようです。

2. 心のブレーキ”滞納への抵抗感とブラックリスト”

任意売却を実行するにあたり、一定期間の滞納を余儀なくされる事に、反発や抵抗感を感じることが多いように見受けられます。滞納は出来るならしたくない(ブラックリストに登録されたくない)という心理が働きます。

住宅ローン滞納初期の方は、滞納を繰返してしまっている不安感や疑問が心に重くのしかかってきます。このまま滞納を続けて良いのか?本当に任意売却がベストなのか?と疑心暗鬼になる時期でもあります。

3. 任意売却相談で不安や疑問を解消

任意売却にあたっては、情報収集が不可欠です。それもできるだけ正確なものでなくてはなりません。私たちは、その方の事情や物件状況、債権者に応じた見立てをしております。

例えば、ブラックリストなるものは実在しないのです。任意売却を進める手続き上、一定期間住宅ローンの支払いをストップさせることで、信用情報に履歴が残るのは確かです。その延滞履歴は金融機関内でのデータベースで管理されており、リスト化されているわkではありません。

4.任意売却は、払いたくても払えない人のためにある

せっかく買った家です。持ち続けたいと考えるでしょう。でも、ローンが払いきれないうえ、売却損を補填する預貯金もない場合は、任意売却をするか競売で家を失うかのどちらかになります。家の所有権を失うことは同じでも、経済的・心理的・プライバシー面でも有利な任意売却に取り組む価値はほとんどの方にあるはずです。