任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

任意売却のメリットとデメリット

任意売却7つのメリット

任意売却のメリットは、競売を回避できるだけではありません。市場価格に近い金額で売却できるほか、任意売却でかかる費用は原則無料です。プライバシーの確保や無理のない残債の支払いが可能になる等、債務者の生活再建を大きく後押しします。

1. 高額で売却!

一般不動産の市場価格や相場に近い価格での売買が可能なため、競売に比較して高額な取引が期待できます。高額で売却できれば残債をそれだけ少なくすることが可能となります。

2. 残債負担減!

債権者としっかり話し合うことで、現状を理解していただき、無理のない返済計画(返済金額の交渉が可能)を実行することが可能となります。

3. 明け渡し期日が柔軟に!

買主や債権者との打ち合わせの中で引越しの時期や条件面について、事情を説明することにより、ある程度まで柔軟に要望を聞いてもらえます。

4. プライバシー保護!

競売のように近所中に知れ渡ることもなく、通常の住み替え感覚で販売活動が出来ます。慣れ親しんだ地域に住み続けることも可能で、家族のプライバシーも守れます。

5. 諸費用確保!

債権者との調整次第で、売却代金の中から引越し代等の諸費用を配分してもらえる可能性も大です。任意売却費用も0円です。

※税金、マンションの場合の管理費・修繕積立金等の滞納金も精算することが出来るケースもあります。

6. 精神面も安心!

競売にあるような強制退去とは全く異なり、自分の意思で計画性をもって引越しすることが出来るので、精神面で前向きに新生活をスタートさせることが可能です。

7. 円満な手段!

住宅ローンの滞納者にとって、任意売却は債務者・債権者共に多くのメリットがある有効な手段です。債務者を再生させる円満解決法の一つと言えるでしょう。

※任意売却に係る費用負担は0円です!

任意売却119番へのご相談は完全無料です。また、任意売却を実際に行う場合も、ご相談者様が費用を負担する必要は全くありません。全額、物件の売却価格から配分されます。

任意売却のデメリット

住宅ローンが支払えなくなってしまった債務者にとって、任意売却はメリットの方が多いのですが、デメリットが無い訳ではありません。現実問題として考えられれるデメリットは、以下の2つです。

1. 個人信用情報に延滞履歴が登録される

任意売却の手続き上、住宅ローンを一定期間(3ヶ月程度)滞納する必要があります。結果、ローンが破綻したこととなるため、個人信用情報にその延滞履歴が登録されます。

2. 一定期間、新規のローンが組めなくなる

個人信用情報に登録されますと、新たにクレジットカードを発行する事や、新たにローンを組むことができなくなる等、制限が発生します。目安は5年から7年程度とされています。

《まとめ》

自分の意思で行う任意売却と強制的に執行されてしまう競売。住宅ローンが破綻したケースでは基本、この2つの選択肢しかありません。

どちらも家を売る行為ではありますが、売却金額の違い、売却プロセスにおける精神的ダメージの大小、売却後の生活面における安心の度合いなど、両者には大きな開きがあります。

住宅ローンでお困りの際は、任意売却119番に是非お電話ください!