任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

任意売却事例:㉗ 全額返済。ローン物件を売却して引越したい!

ローンが残っている自宅を処分して他県に引越したい!

子供を他府県の私立高校に通わせたいが、折り悪く収入減で高い授業料が難しい。他府県なので、交通費も高くつき、子供を一人で下宿させるのも難しい。他県に引越したい・・・

♦ご相談の経緯

Mさんは奥様とお子さんの3人暮らしでいらっしゃいます。お子様を私立の高校に通わせたい意向をお持ちでしたが、折り悪く収入が激減してしまいました。

お子さんの志望校は授業料が高く、現在のお家から通うには交通費も高額になり、お子さんを一人で下宿させるわけにもいかないなど、お金がかかりすぎることが判明しました。学校の所在する県に住民票があれば授業料が安くなる制度があることを知り、現在の家を何とか手放したいとご相談にいらっしゃいました。

【ご相談者様プロフィール】

■職業:会社員
■年齢:39歳
■ご家族:夫婦と子供1人
■物件:戸建て
■購入価額:2,800万円
■残債:2,000万円
■毎月の返済:15万円(ボーナス払20万円×2)
■査定額:2,150万円前後

《課題》

Mさんは、お子さんを他県の私立高校へ進学させることを最優先にお考えでしたので、まだ多額のローンが残っているご自宅を何とか売却できないものかと思案されており、引越資金等も考慮に入れておかなければなりませんでした。5年ほど前にご購入されたMさんのご自宅を慎重に査定し、プラスとなる要因を収集し、できる限り高値で売却して差し上げることが重要です。

ローンが残っているご自宅を、なんとか売却できないかと考えておられるMさんですが、売却して住宅ローンの残債を全額返済するということは頭から考えておられなかったご様子。
任意売却を念頭におかれていて、それ相当の覚悟はされておられました。

《提案》普通売却で住宅ローンを完済できることが査定で判明!

Mさんのご自宅は、まだ築浅(築5年)で外装、内装ともにまだ美築といえるほど。閑静な住宅街の高台角地に位置し、景観にも優れている等、実際に査定額を算定すると評価の高い物件であることが判明しました。

普通売却でも2,000万円は下らない物件であり、任意売却をする必要はなく、普通に市場価格で売却をかけても住宅ローンの残債を完済できるアンダーローン物件であることをMさんにお伝えしました。

《結果》普通売却で住宅ローンを完済。債務ゼロで新生活を実現!

2,800万円で新築マイホームを購入されたMさん。5年間で800万円は返済しておられました。住宅ローンの残債は2,000万円です。実際には2,200万円で売却できましたので、200万円のプラスとなりました。

諸経費を差し引いても手元に100万円以上残る計算となり、Mさんは住宅ローンの残債を全額返済するとともに、引越し費用と他県での新しい生活の準備資金まで捻出することができました。