相談員の紹介

相談員集合写真
私たちは相談者の利益を最優先に考えます。
《 任意売却119番・総合相談ポリシー 》
主に東京と大阪を担当している相談員が集まって勉強会を行った時の記念写真です。
北海道から九州までの相談員が全員が集合することはなかなかありませんが、日頃からお互いに情報を交換し合って、サービスの向上に努めています。
代表・富永
代表コンサルタント
富永 順三

困ったらいつでもお電話ください。一緒に新しい生活を築いていきましょう。

中西弁護士
弁護士・税理士
中西 優一郎

あなたの生活の再建を一緒に考え,問題の解決を目指します。

鈴木弁護士
弁護士
鈴木 敬一

悩み事・トラブルを、一人で抱え込んでいませんか?お気軽にご相談ください。

小川弁護士
弁護士
小川 顕彰

お気軽にご相談下さい。

宮崎弁護士
弁護士
宮崎 晃

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

北村弁護士
弁護士
北村 真一

お客様が心から幸せになれる方法を一緒に探し出します。

池田弁護士
弁護士
池田 咲子

債務整理は外科手術みたいなもの。信頼できる人に執刀してもらえば元気になれます。

神崎弁護士
弁護士
神崎 建宏

身友人に、悩みを聞いてもらうぐらいの気持ちで、ご相談に来られてみてはいかがですか?

吉岡司法書士
司法書士
吉岡 清志

あなたに満足して感謝していただける事が私自身の喜びです。

田野尻 一仁
相談員
田野尻 一仁

人は、どんなに辛くてもしんどくても立ち上がることができるんです。

相談員・高橋
相談員
高橋 愛子

一人でも多くの方々の悩みを解消し、眠れる日々を過ごして欲しいと思います。

相談員・松井
相談員
松井 健一

電話をするのも勇気がいるかとは思いますが、安心して相談して下さい。

富永 順三|任意売却119番・代表コンサルタント

代表・富永

経 歴

大阪府堺市出身 (父は宮崎・母は京都)
大阪市立大学 大学院卒。
大手企業、経営コンサルタント、阪神大震災復興支援NPО、経済振興財団、企業再生・М&A会社等を経て現職。
関西いのちの電話 運営委員、経済産業省・各市・商工会議所委員多数。
中小零細の事業支援実績が認められ04年に中川大臣(故)より”経済産業大臣賞”を受賞。 企業・ボランティア施設等で、セミナー、講演会 等多数。
法律・金融・不動産の知識を駆使し、「出来ないではなく、どうやったら出来るか?」を 考える事が大切というのが口癖。

”競売体験者” だからわかります

「あぁ、もっと早く知っていれば父・母もきっと救われたに違いない・・・」

これは、私が「任意売却」という言葉を初めて知った時に思ったことでした。

私は大阪の堺市で生まれ育ちました、父・母と小さな自宅での3人住まい。
小さいながら幸せな日々を送っていました。

しかし、私がまだ小学校~中学校の頃だったと思いますが、父が保証人となっていた
旧友の方が借金により蒸発し、その負債を私達が負わなくてはならなくなったのです。
急に襲いかかった多額の借金。私達の生活は一変しました。

その為に母もフルタイムで働くことになり、なんとか毎月の返済をやりくりする日々。
しかし今よりも高金利な時代、その返済は収入だけでは間に合わなくなり、
借金を返済する為にまた高利な借金を繰り返し、見る見る間に雪だるまのように
ローン地獄へと落ち込んでいきました。
父母は夜遅くまで仕事をしている為、日中借金取りの応対をするのは、
まだ10歳そこそこの子供の私でした。
今のような法律の規制も無かったまさしく”なにわ金融”真っ盛りの時代、学校から帰れば自宅のドアに大きく「金返せ!」という張り紙があり、早朝から深夜まで、
連日筆舌に尽くしがたく凄まじい取り立ての日々でした。

ある日母が私の手をとり、夜中の町を歩きながら
死に場所をさまよったこともありました。
(その時は、それを察したタクシーの運転手さんに声をかけられ、救われたのです)

何年もそのような日々が続いていたのですが、父母の頑張りや、多くの方々の応援・支援により、なんとかそのような取り立ても落ち着いてきて、
ようやく平穏な日々が訪れた・・・と思っていた矢先です。

その日は突然やってきました。
そう、あれは、春休みのもうすぐ桜が満開になろうかとしている穏やかなある朝。
私の家の呼び鈴が”ピンポーン”と鳴ったのです。
なんの疑いも無く、私が引き戸をガラガラと開けたところ、そこには大きな男の人達が6~7人、険しい表情をして並んでいました。
「えっ!?」と思った次の瞬間 、最前列の男性が白い紙を見せ、
「只今より強制執行を行います」と宣言したのと同時に男達は一斉に家の中に入り込み、
テレビや冷蔵庫、家具等に白い紙を張っていったのです。

一連の作業を茫然と見守っていた私に
「全ての物は動かしてはいけません、そして今日中に立ち退いてください」と告げ、
住みなれた実家を強制的に追い出されたのです。

これが『強制競売』の行く末に待ち受けている『強制執行』でした。

私の脳裏には今もハッキリと、まるでスローモーションのように
当時の様子が瞼に浮かびます。
そして、父の疲れきった表情。母の辛く悲しい泣き崩れた姿。
近所やまわりの方々の同情とともに、かわいそうに・・という冷たい表情。

近くにいた親戚は、我が家との関係をもつことを怖がり、身を寄せることも断られ、
みじめで悔しい日々を過ごしました。

その日から10数年、父母とは別れ別れになってしまい、
まさしく「ホームレス高校生」となりました。

だからわかるのです。

借金に追われ、電話に出るのも怖く、夜も電気をつけずに息をひそめて過ごした日々。

いきなり家を失い、失望と絶望に追い込まれて過ごした日々。

その辛さ、寂しさ、苦しみは、経験した者、なのでわかります。

ですから、“ 任意売却 “という方法を知った時、
“事業再生、企業再生、債務圧縮 “という救済方法があるのだと知った時、
もっと多くの方々に知っていただきたい、困っている方々に
少しでも安心していただきたい!と思い、そして立ち上げたのが
この「任意売却119番」です。

景気悪化による収入減、病気、離婚、リストラ、倒産・・・
真面目に頑張っていても苦難は突然に襲いかかってきます。

そんな時、あきらめないでください。

突然病気で倒れた時に救急車を呼ぶように、住宅ローンや借金で困ったら
先ずは電話で相談できる所を・・という思いで、「119」という名称を付けました。
困ったらいつでもお電話ください。
そして、一緒にまた新しい生活を築いていきましょう。

中西 優一郎|弁護士・税理士

経 歴

兵庫県芦屋市出身
芦屋市立岩園小学校卒
私立甲陽学院中学校・高等学校卒
東京大学法学部卒
東京の外資系法律事務所に勤務し,労働問題,M&A,ファイナンス等の企業法務に従事 平成24年2月に尼崎西宮総合法律事務所を設立
平成26年9月に法人化し,弁護士法人アルテを設立
ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」),商工会議所,大学,企業等でのセミナー・講演多数。
趣味 バイオリン

あなたの生活の再建を一緒に考え,問題の解決を目指します。

借金,離婚問題などを理由に,身体を壊したり,日々苦しい生活を
余儀なくされている方が,多数いらっしゃいます。
借金,離婚問題などでお悩みの方は,身近に誰も相談する相手がいらっしゃらず,
一人で不安な気持ちを抱えられている方も多いのではないでしょうか。

これらのお悩みや不安を抱えられている皆様のご負担が少しでも和らぐよう,
お手伝いをさせていただければと考えております。

今の生活の状況や,お悩み,ご希望をお聞きし,あなたの生活の再建を一緒に考え,
問題の解決を目指します。 お悩みを抱えてご相談にいらっしゃった方々が,
無事に解決して,笑顔を取り戻されることが,私たち弁護士の最大の喜びです。

早めに弁護士等の専門家に相談して対策を立てることで,再建に向けて
より効果的な手段をとることができます。

一人で悩まずに,お気軽にご相談くださいませ。

鈴木 敬一|弁護士

経 歴

スタート法律事務所 代表弁護士
大阪市立大学法学部卒業
不動産鑑定士事務所勤務
大阪弁護士会所属 現在に至る

得意分野

不動産問題…売買問題・賃貸問題・相続問題等
会社法務…取引に伴うあらゆる場面の問題
借金問題…個人再生・自己破産・任意整理
その他…残業代請求・相続・離婚等

人生は次から次へと絶え間なく悩み事・トラブルに見舞われます。

病気の場合は、一般的に、あまり辛抱せずにドクターにかかって直す努力をします。
でも、病気以外の悩み事・トラブルの場合は、自分で抱え込んでしまって
なかなか外へ発信しません。

ましてや、法律問題で弁護士に相談するなどということは、どこに相談していいか
方法も分からないし費用などの点で敷居が高くて踏み切れず、間違った処理をしたり、
問題がこじれてしまうケースが多いと思います。
しかし、案ずるよりは産むが易しで、弁護士の知恵・経験を生かしてタイムリーに
適切な法的処理をすれば、期待以上の解決がえられることがあります。

当弁護士事務所は、インターネットを通じて広く一般に発信し、気軽に相談ができ、
適切な費用で解決の依頼ができる市民感覚の弁護士事務所をめざすことによって、
皆様に法的サービスを提供したいと思っています。

小川 顕彰|弁護士

経 歴

上田・小川法律事務所

同志社大学大学院法学研究所卒業
平成12年 弁護士登録
京都弁護士会所属

お気軽にご相談下さい。

銀行取引、倒産、中小企業法務等だけでなく、金融商品取引被害、欠陥住宅被害等の消費者問題の経験も積む。 特に不動産や離婚に関しての相談・法律業務に強く、熱心にお客様の為に取り組む姿勢が高く評価されています。

宮崎 晃|弁護士

経 歴

福岡県立大牟田南高等学校(普通課)卒業
航空自衛隊(第86期一般幹部候補生)入隊
中央大学卒業
福岡大学法科大学院卒業
最高裁判所 司法研修所修了
弁護士登録(福岡県弁護士会)
東法律事務所入所
弁護士法人デイライト法律事務所開設

相談者の方は、一人で悩まず、気軽にご相談いただければ幸いです。

弁護士というと、世間では「エリートで敷居が高い」といったイメージもあるようです。

私は、学生時代、決して優等生というわけではありませんでした。
また、昔から法律家になりたかったというわけでもありません。

私は、高校時代、戦闘機パイロットになりたいという夢を持っていました。
でも、家庭は生活保護世帯でありとても貧しく、経済的な理由から、
大学へは進学できませんでした。

そこで、通信課程で勉強し、航空自衛隊へ入隊し、念願のフライトコースへ進みました。

しかし、訓練の途中でコースアウトとなり、結局、戦闘機パイロットの夢は絶たれて
しまいました。 人生の目標を失った中で、その悔しさをバネに、より大きな目標へ
向かうことにしました。

それが、当時、最難関と言われていた司法試験への挑戦でした。
そして、働きながら、大学で法律を学びました。

このように、私は決してエリートではなく、むしろ人生において
大きな挫折を経験しています。

しかし、その挫折があったからこそ、子どもの頃にはまったく考えもしなかった
「法曹」という素晴らしい仕事に就くことができました。
弁護士となった今、毎日相談者の方と接し、事件を一つひとつ解決していくことで、
仕事に対し、大きなやりがいと誇りを持っています。

法律相談に訪れる方の中でも、住宅ローンの問題を抱えた方の悩みは深刻です。
私は、自分自身が挫折を経験しているからこそ、相談者の方と同じ目線立って、
再出発させたいとの思いで業務に取り組んでいます。

相談者の方は、一人で悩まず、気軽にご相談いただければ幸いです。

北村 真一|弁護士

経 歴

まこと法律事務所 代表弁護士

目の前の問題を解決して終わりではなく、お客様が心から幸せになれる方法を、一緒に探し出します。

私は〝日本一敷居の低い弁護士事務所〟を目指しています。初回相談は無料ですし、どのような案件でも、一度はお話をしっかりお聞きさせて頂くことにしています。もし、間違った判断や思い込み等があれば、その場で遠慮なくご指摘させて頂きます。お客様のご意向を踏まえ、様々なアドバイスはもちろん、最善の解決策をご提示させて頂きます。

弁護士は、ともすると裁判所や法律の方を向いてしまいがちですが、一番大切なことは、お客様が幸せになる為にどうすれば良いかを考えながら業務に当たることだと思っています。ただ借金を無くすだけでは、本当の解決になりません。その後、どうやって生活を立て直すか?これが最も重要なことですので、とことん相談に乗らせて頂きます。

まこと法律事務所の一番の特徴は、様々な業種・業界の人と深く繋がっていること。たとえば、不動産と法律の両面から的確なサポートが可能です。その道のエキスパートたちと一緒になってチームで解決できることこそ、他所には真似のできない私どもの強みだと自負しています。

池田 咲子|弁護士

経 歴

まこと法律事務所 弁護士

債務整理や破産事案は外科手術みたいなもの。信頼できる人に執刀してもらえば、必ず元気になれますよ。

私自身、金銭的に厳しい家庭環境にありましたので、債務や破産事案の当事者様のお気持ちは痛いほどわかります。今、すごくしんどい状態なんだろうな、少し気持ちがスッキリされたのかな等、自分のこととして捉えます。事案を解決して差し上げ、ご相談者様のお気持ちが穏やかになられることに、とてもやりがいを感じます。

女性ですので、離婚案件が圧倒的に多いです。心がけていることは、なるべく自然体で接すること。身近な人も、初めての人も同じです。私は困っている人の一助になりたくてこの仕事に就きました。なので、ご相談に来られた方には持てる知識と方法でベストを尽くします。それで元気になってもらえたら嬉しいですね。

債務整理や破産は外科手術みたいなもの。毎日が辛いのは病と同じです。でもどこかで決断が必要です。信頼できる人に頼んで手術に踏み切れば…その時は辛いですが、必ず元気になれます!ぜひ、諦めずに、楽しい未来を夢見て、一歩を踏み出して欲しいと願っています。

神崎 建宏|弁護士

経 歴

まこと法律事務所 弁護士

身近にいらっしゃるご友人に、悩みを聞いてもらう…ぐらいの軽い気持ちで、ご相談に来られてみてはいかがですか?

弁護士事務所へご相談にお越しになる方は、基本的に何か問題を抱えておられる訳ですから、決してハッピーな状態ではありません。その方の事案が解決し、少しでもプラスの方向を向いて頂けるようになって感謝された時は、お役に立てたことを心から嬉しく感じます。

私が気をつけているのは、ご依頼時の事案がこれからどうなっていくのかを丁寧に説明させて頂くことです。全て弁護士任せでは、今何がどうなっているのか当事者には見えず、それが不安や不信感に繋がりかねないからです。信頼関係を築く為にも初回のご面談時には、お聞きすべき事柄を引き出すと同時に、事案の行く末を明快にお話させて頂くように努めています。

弁護士というと敷居が高いイメージを持たれがちですが、私たちの事務所は決してそうではありません。ご近所の頼りになるお友達にお話されるぐらいの軽い気持ちで、一度ご相談に来られてみてはいかがですか?初回相談は無料ですし、事案の軽微に関わらず、本当にお悩みなら、ぜひお立ち寄りください。

吉岡 清志|司法書士

経 歴

昭和23年 大阪市にて出生
昭和46年 大阪市立大学法学部卒業
昭和46年 積水化学工業(株)入社
平成14年 積水化学工業(株)早期退職
平成18年 司法書士試験合格

解決した時の、依頼者の方の、ほっとした安堵の表情・笑顔が私の喜びです。

私は、昭和46年大阪市立大学法学部を卒業して、同年、積水化学工業(株)に
入社しましたが、平成14年の時、54歳で同社を早期退職して勉強し、平成18年、
58歳で司法書士試験に合格いたしました。

早期退職しましたのは、定年まで後6年を勤め上げて、年金生活に入るよりも、
思い切って、新しい第二の人生を生きてみたいと思ったからです。
合格後、「多重債務の整理」を中心に活動して参りましたが、
今、司法書士として感じますのは、格差社会の大きな弊害です。
非正規社員が、全労働者の3分の1を占め、働く意欲も能力もあるのに
就業できない方、突然のリストラ、生活保護世帯の増加、
そして、年間3万人以上の自殺者。
それに付け入るヤミ金融等の悪質な犯罪的ビジネスの横行等々。

一時「自己責任」という言葉が横行しましたが、例えば、交通事故による
後遺症・本人、家族の病気・会社の倒産によるリストラ等は、「自己責任」の範囲を大きく超えており、決して本人の責任では有りません。
そして、そのような事態は、明日、誰の身にも起こり得るものです。
その時に、どのように対処するかによって、その後の人生が変わると思います。
本人は、経済的にも精神的にも、非常に苦しい状態にあるとは思いますが、
一人で抱え込まず、早く、専門家に相談される事が解決の第一歩だと思います。
私は、今まで千人近くの依頼者の「債務」を整理してきましたが、
解決できない「借金問題」は存在しないと確信しております。
解決した時の、依頼者の方の、ほっとした安堵の表情・笑顔が私の喜びです。

大事なのは、当面の借金問題を解決することよりも、その後の、
本人の努力・家族の協力による、生活の再建なのです。

私は、街の法律家・暮らしの法律家として、あなたとの面談・相談を通じて、
あなたの置かれている状況を的確に把握し、あなたの今後の生活再建を含めて、
あなたに一番良いと思われる方法を提示し、あなたの了解の下、その実現をはかります。

あなたに、満足して感謝していただける事が、私自身の喜びであるような、
そういう司法書士の人生を歩みたいと願っております。

田野尻 一仁|相談員

経 歴

不動産業界で営業マンをやってきました。
・賃貸仲介業 4年
・新築マンション販売 4年

人は、どんなに辛くてもしんどくても立ち上がることができるんです

結婚したばかり、しかも娘ができたばかりの頃、不況のあおりをうけ
前の会社が傾き始めました。しかも結婚に向け住宅を買ったばかりです。

一気に幸せムードから蹴り落とされ、嫁には余裕な顔を見せていましたが
実際は不安のどん底でした。
今後の生活や住宅ローンの返済をどうしようか悩み、ネットなど検索すると
『任意売却』という言葉を知りました。

と同時に『任意売却』の求人募集が出ていたので運命的なものも感じ、入社しました。
以来、現在も猛勉強の日々であります。

学生の頃、賃貸マンションの内装のアルバイトをやっており、初めて自分一人で
部屋のクロス貼りを仕上げた時、達成感とこれから誰かが住むんだと思うと
感動を覚えました。
しかもいくつか内装をしていくうちにいろんな間取りがあり、
自分の知らないマンションに行くのが楽しみでした。
住宅に興味が出て、お客様がどういう思いで部屋を選ばれているのかも
知りたかったので就職先は賃貸仲介業を選びました。
家賃1万円台~20万円を越える数多くのお部屋を案内し、人それぞれ
条件や趣向の違いがあって楽しかったし勉強にもなりました。
さらに自分を向上させる為に新築マンション販売に携わることになり、
多くの人の新しいスタートとして喜びの声を聞きました。

しかし今の仕事に携わるようになって知ったのは、住宅ローンで苦しんでいる人が
いるということです。売却したいけど売却できない、給料が減って返済が滞りそう
という声をよく聞きます。

ただ単に住宅を進めるものじゃなく、お客様の将来のことも考えないといけないんだなぁと過去の自分に反省をし、任意売却という形で 少しでも住宅ローンでお悩みの方の
心の負担を軽減できたらと思ってます。
日々の勉強で知識を得てお客様の抱く不安が少しでも無くなるように
全力でお手伝い致します!

高校の時、過酷なクラブの練習を終えへばりついている時、
鬼の形相で監督がやってきました。
みんな殺されると思い逃げたのですが監督が一言
「立ち上がれるやん」。
そう人はどんなに辛くてもしんどくても立ち上がることができるんです。
だからこれから共に立ち上がっていきましょう。

高橋 愛子|相談員

経 歴

日本大学 商学部卒業
不動産会社(賃貸仲介、管理)にて5年間店長を努め、現職に至る。
宅地建物取引主任者
住宅ローンアドバイザー

どんなお悩みでも大丈夫です。私たちにお任せ下さい。

私が任意売却に出会ったきっかけは、賃貸不動産会社で働いているときのことでした。
40代位の女性のお客様がかなり切羽詰った状態で来店されました。事情を聞くと自宅が競売になってしまい、今すぐにでも出て行かないといけないという状況で、保証人もいなく困っているとの事でした。その方は何とか物件が見つかり、無事お引越をすることができました。その時に私は競売とは言葉では聞いたことがありましたが、怖くて大変な状況で家を追い出されてしまうという漠然としたイメージしかなく、どんなものかわかりませんでした。 そこから色々と競売について調べていくうちに競売にならないで済む方法として任意売却というものがあるということを知りました。

競売と違い、債務者の方はもちろん、債権者にもメリットがあり、何よりも知らないで苦しんでいる方を少しでも助けたいといった思いから、任意売却専門のコンサルティングをはじめました。

ご相談者の中には様々なご相談があります。家庭環境、借入状況、相続問題、病気、他人や家族までにも相談できる悩まれている方々が多数いらっしゃいます。最近では、不景気の影響で、リストラ、ボーナスカット、派遣切り、就職難など自己の責任ではなく、社会のゆがみのせいで苦しんでいる方もいます。 私は、少しでもその方々の悩みを取り除き、最大限良い方法を見出し、進めて行きたいと思っています。相談者の方からは、「高橋さんと出会った日から眠れるようになりました」とよく言っていただきます。一人で悩み、眠れない日々を過ごしている方は沢山います。一人でも多くその方々の悩みを解消し、眠れる日々を過ごして欲しいと思います。 任意売却専門だからこその、債権者との交渉力、市町村との差押解除交渉、物件販売力、金融機関とのリスケ交渉、借り換え、買戻し、残債のフォローには自信があります。 他で断られてしまった方でも、大丈夫です。少しでも早いご相談が解決のカギになります。

松井 健一|相談員

経 歴

相談員となるまでは、アルバイトをしながら司法書士試験を受験。
2010年3月~ 任意売却119番相談員

1人で悩みを抱え込まないでください!

毎日、多くの方から相談電話がありますが、相談者1人1人さまざまで、
相談の内容や状況など違うので幅広い知識が求められることとなり
大変ではありますが、そのために日々新しい情報を手に入れ
自分自身の能力向上もできるという喜びがあります。

そして、相談者の方から電話をしたことをキッカケに、
「不安や問題が解決に向かい新たな生活ができそうです」、「電話をして良かったです」
と言って戴いた時は何とも言えない喜びがあり、この仕事をしていて良かったと
思える瞬間です。
銀行から督促状等の書類が届いて驚いて電話をしてきた方もおられますが、
解決の道はいくつかあるので、状況を把握して安心して頂けるように話をしております。

この仕事をするにあたって、相談者様の不安などを少しでもなくなるように、
また、相談者様にとって1番良い解決方法をご提案することが出来るようにと
心がけて仕事をしております。

仕事をしながらなのでなかなか勉強できていませんが、いつか念願の司法書士になって、
より幅広い範囲で相談者の皆様のお役に立てるようになりたいと思っています。

<相談者の方へ>
いろいろな不安があり、電話をするのも勇気がいるかとは思いますが、
まずは1人で悩みを抱え込まないで相談をしてみて下さい。
私たちが、出来る限り希望に沿うことができるように力添えをさせて頂きますので
安心して相談して下さい。