シェアハウス投資被害
に遭われた方へ

昨年より、シェアハウス投資、サブリース契約のトラブル相談が急増しています。 突然、サブリース契約が打ち切られ、毎月多額のローンの支払いだけが残り途方にくれている・・・・・

そんな相談が相次いでいます。

特に、「スマートデイズ社」「サクト社」「ゴールデンゲイン社」「ガヤルド」等の事業者と、 スルガ銀行から高額な金利融資で、建てられた方々は、まずはご相談ください。

《スルガ銀行・シェアハウス問題の今後のスケジュール予想》
2018年6月18日作成

弊社では、スルガ銀行のシェアハウス問題を下記内容で予想しています。

スルガ銀行/シェアハウス問題スケジュール予想/201806

《 このような方は、特にご注意ください 》

  • ● スルガ銀行より、金利引下げ交渉という名目で「預貯金や不動産等の資産一覧を持参してください」と言われている方
  • ● スプリングボード社より、サブリース契約、保証賃料概算等が送られてきた方
  • ● スマートデイズ社より、合意解除契約書に「損害賠償責任を免除する」等の項目が入っている方
  • ● 銀行側から、一方的に、「当面の間は、支払い額を大幅に減額します・・」等の連絡があった方
  • ● スマートデイズ社より、弁護士を紹介すると言われている方 事業会社や、スルガ銀行との交渉や契約書のサインをする前に、きちんと専門家に相談することをお勧めします。

《 二次被害にご注意ください 》

スマートデイズや、かぼちゃの馬車被害者の方と無料面談と謳っていたが、 依頼すると「200万、2件纏めて300万」という高額な相談料を請求された。

そのようなお話しをよくお聞きしますが、金利交渉や、弁護士のご紹介、 シェアハウスの運営会社の紹介等で、数百万も請求するのは常識的におかしいです。

《 お約束します 》

【1】 相談、面談は基本無料です

  • 専門の弁護士、不動産鑑定士、善良なシェアハウスの運営会社等のご紹介で費用を頂くことはありません。
  • 各専門家は、業務を行うにあたり、事前に価格を提示して費用をいただく場合があります。

【2】 破産を簡単にお勧めしません。

サブリース契約が一方手的に解除され、今後高額な毎月のローンの支払いだけが残り、普通、弁護士先生等に   相談に行くと、「自己破産しかありません」と勧められる方も多いと思いますが、自己破産には多くのデメリットもあ ります。   私達は、毎年数千件のローン相談を一緒に考えてきた、ノウハウと実績がありますので、ご相談者の現状を伺 い、

  • ● 自己破産する前に解決できる方法は無いか?
  • ● 資産や、給与等を守りながら解決できないか?
  • ● 今後のご本人と家族の為に最善の方法は何か?

ということを、一緒に考えていきます。

【3】 この問題を、多くの方々に知ってぃただく活動を行っていきます。

今回の問題は、スマートデイズや、サクト等の事業会社だけの問題ではありません、特に高額な融資を、一部通帳の改ざん・偽造等を見過ごして貸し付けた銀行の責任は大きく重いと思っています。 私達は、皆さんと共に闘っていきたいと思ってっております。

ニューストピックス

  • 2018年2月16日:東京新聞 被害拡大のシェアハウス本格調査 「かぼちゃの馬車」運営会社
  • 2018年1月23日:朝日新聞 かぼちゃの馬車社長が語る「自転車操業」 投資トラブル

シェアハウスの主な販売会社:
※スマートデイズ社
※サクト社
※ゴールデンゲイン社
※ガヤルド社
※ヤドカリ
※スプリングボード

ご相談は無料
安心して任せられるのは、確かな知識と豊富な経験    を備えた専門家がいるから。
メディアの取材実績も多数

任意売却119はこれまで、さまざまなメディアに取り上げられました。

  • 2015/6/29放映テレビ朝日
    スーパーJチャンネル
    “悲劇…我が家を失う
    「住宅ローン破綻」
  • 2015/2/15放映 フジテレビ 報道2001 追跡! "老後破産の現場"
    "子が独立" 残されたのは
  • 2015/2/3放映 テレビ朝日
    スーパーJチャンネル
    “明日は我が身”?突然家失う
    悲劇…住宅ローン「老後破綻」
  • 2014/10/13放映TBS Nスタ特集!マイホームを手離す理由
    「住宅ローンが払えない」

《 破産せずに解決できる方法を一緒に考えます 》

【相談例1】埼玉県 50代 男性 サラリーマン

家族の将来の為にと思ってスマートデイズ社から購入したシェアハウスが、今年1月より一方的にサブリースの契約が打ち切られ、途方に暮れていました。 他の支援センターに相談したところ、金利を下げる相談に200万以上が必要とのことで迷っていました。

  • 【所有物件】1棟 ➡ 2年間全て空室 0室
  • 【残   債】1億2千万
  • 【事業者名】 スマートデイズ

【相談例2】東京都 40代 男性 勤務医

精神科医が行っている投資相談会から、シェアハウス投資の紹介があり、 30年間の固定サブリース契約に魅力を感じ、購入したところ1月よりサブリース契約解除となり困まっていました・・。

  • 【所有物件】2棟 (1棟目 4/12室、2棟目 0室)
  • 【残   債】3億4千万
  • 【事業者名】 スマートデイズ社
  • 【金融機関】 スルガ銀行

【相談例3】東京都 40代 女性 公務員

スルガ銀行からフルローン、30年のサブリース契約とのことで、 とても良い投資と思って購入していましました。各ローン負担が厳しく、 最悪どうなるのか・・・弁護士先生に相談したところ「破産」しかないとのことで、 自宅や他の資産のこともありとても悩んでおりました・・・。

  • 【所有物件】2棟 (1棟目 3/10室、2棟目 2/12室)
  • 【残   債】2億4千万
  • 【事業者名】ゴールデンゲイン社
  • 【金融機関】 スルガ銀行

代表挨拶:富永順三
ローンを借りた側と貸した側、同じ責任があります。
シェアハウス投資被害はもはや一個人の問題ではなくなりました。みなさんで一緒に声をあげ、 ともに対応していきましょう。
あなたのそばには、私たちや弁護士、この状況を捨て置けない報道関係者たちがいます。


現在、金融庁や議員連盟、各メディアなどへこの問題について、
検討いただくよう働きかけています。多くの被害者の方々と一緒に
闘っていきたいと思いますので、是非、ご相談下さい。

現在、各報道機関より、シェアハウスオーナーの被害状況について、
多くの取材依頼が入っています。 同じ立場の方が団結しはじめています!

大切なのは親身になってお応えできるかどうか。

家を売る任意売却であっても、今の家に住み続けるリースバックであっても、
大切なのはご相談いただく方々のお気持ちになって、じっくりお話を聴けるかどうか。
その上で、最適なアドバイスができるだけの知識と経験を備えているかどうかがポイントです。

当社の相談員は「悩んでいる方々を何とか救ってあげたい!」と日々奮闘している優秀な相談員ばかり。
その想いは相談件数や取材歴というカタチでも表れています。

業界トップを争う相談件数。

私たち任意売却119は、任意売却がまだ世の中にあまり知られていない時期から活動してきました。
その相談件数は業界でもトップを争うほど。
そうして多くの方々から頼られているというのは、信頼の証。
ぜひ安心してご相談ください。

支援体制も充実しています。

プライバシーの保護にもしっかり配慮ご相談者さまの重要な個人情報は、個人情報保護法に基づいてしっかり管理することはもちろん、法的拘束の及ばない範囲においても細心の注意を払って管理しています。たとえば親族やご兄弟であっても、ご相談者さまの許可なく債務状況やその他の個人情報をお伝えすることはございません。

年中無休、全国規模での展開任意売却119は札幌・東京・名古屋・大阪・福岡と、全国主要5都市8箇所に相談センターを開設しています。また、ご相談は相談センターだけではなく、ご自宅や近くの飲食店などに出張して伺うことも可能。しかも年中無休で対応していますので、みなさまの「困った」にいつでもお応えすることができます。

弁護士、司法書士との連携が生む多彩な選択肢ご相談者さまの多くは不動産に関する悩みだけでなく、相続や債務整理、保証人との関係など、様々な問題を抱えてらっしゃいます。私たちはそうしたことにも幅広く対応できるよう、弁護士や司法書士など法律の専門家とも連携。リースバックをはじめ、多くのトラブルを解決することができます。

取材歴が物語る安心感

私たちは住宅ローンが支払えなくなった多くの方々に新たな道を切り拓いてきました。その実績は高く評価され、様々なメディアから取材を受けています。私たちがそうした取材に快く対応してきたのは、より多くの方に確かな情報をお届けしたい、そして安心して相談していただきたいという想いがあるからです。

  • 2015/6/29放映テレビ朝日
    スーパーJチャンネル
    “悲劇…我が家を失う
    「住宅ローン破綻」

  • 2015/2/15放映 フジテレビ 報道2001追跡! "老後破産の現場"
    "子が独立" 残されたのは

  • 2015/2/3放映 テレビ朝日
    スーパーJチャンネル
    “明日は我が身”?突然家失う
    悲劇…住宅ローン「老後破綻」

  • 2014/10/13放映TBS Nスタ特集!マイホームを手離す理由「住宅ローンが払えない」

  • 2014/5/26放映 テレビ朝日 スーパー Jチャンネル「高齢で家失う悲劇"住宅ローン破綻"」

  • 2014/1/17放映 TBS Nスタ「住宅ローン破綻の現実告白家を手放すそれぞれの理由」

  • 2014年3月29日 週間ダイヤモンド特集「不動産・住宅業界 熱狂相続増税ビジネス」

  • 2014年3月 月刊『SPA』3月2日号「ローン破綻者を狙う 極悪業者の手口」

  • 2014年3月 月刊『プレジデント』3月1日号特集記事「住宅減税・ローン 一番賢い使い

  • 2010年1月 月刊『宝島』1月号特集記事「実録 住宅ローンの怖い話」

  • 2013年10月(10月28日) 『全国賃貸住宅新聞』第1101号「金融モラトリアム法終了で相談者2割増加」

  • 22012年9月 『朝日新聞』9月22日号「住宅ローン破綻 競売から身を守る方法は」

  • 2012年9月 『朝日新聞』9月22日号「住宅ローン破綻 競売から身を守る方法は」

  • 『週刊住宅』8月24日号 「任意売却 全国ネットで相談体制」

私たちの想い
住宅ローンの返済やその他の債務で困っている方々。しかしそれは、決して人ごとではありません。当社には代表相談員をはじめ、借金や返済不能に苦しみ、どん底の経験を味わったそ相談員がいます。だからこそ、ご相談者の立場に立って真剣に対応することができるのです。一人でも多くの方に希望の光をもたらすために。私たちは皆さまを全力で支援していきます。
悩んでいないで今すぐご連絡を!相談することで、まずは気持ちを楽にしましょう!!