[収入減] 職業上の制約で自己破産できない。どうすれば…


福岡県北九州市
N・T様

職業:自営業
年齢:48歳
家族:妻・母・子供
【戸建】
ローン残高:約2500万円
時価:1800万円

ご相談の経緯

リーマンショック頃から収入がガタ落ち。生活費はお母さまの介護費含め月に30万、自営の維持費に50万が必要でした。
親戚など他に借りるあてもなく、強い抵抗を感じながらもカードローン借り入れをして生活に住宅ローンの返済に充てておられました。
今回、借入の総量規制が始まると聞いて、そのカードローンも借りられなくなりそうでしたが、保険代理店を経営されている関係上、自己破産は絶対にできません。八方塞がりの中、半ばやけっぱちで問い合わせをなさいました。

解決にあたって重視したポイント

  • 職業上の事情で自己破産だけはできない

ご相談から解決までの流れ


田野尻が担当しました。 【相談員より】
T様のように、債務が大きくて自己破産をしたいと思っても、職業上の成約から自己破産ができない方も少なくありません。
その場合、任意売却と同時に、弁護士の先生を頼んで任意整理、個人再生などをお勧めすることになります。

T様のご感想 ~すべての手続きを終えられて~

幸い、仕事は継続できています。
相談するまでは、八方塞がりだと苦しんでいましたが、知識と実務は全く別物、と驚きました。車も手元にあります。もっと早く、できればカードローンに手を出す前に相談すればよかった。
そうすれば、ややこしい手続きをなくすことができたように思います。
1500万円ぐらいにしかならないのではないかと不安だった我が家が1800万円で売れました。カードローンで作った借金の整理もできました。
残った債務は300万円になりました。これでも今の私には大金ですが、当面は月々2万円ずつの支払いにしてもらっているので、なんとかやっていけそうです。 任意売却をきっかけに保険事務所のあり方も見直しました。結果、数字にとらわれすぎない営業ができるようになり、成果に結びついています。
私は自分でお金関係に強い、と自負してきましたが、本当に一寸先は闇。
今回の経験も今後の糧にしていきたいと思います。