以下 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6313616 引用
【ABC特集】離婚、病気、リストラ...ローン破綻で憧れのマ イホームを手放す人たち 彼らが選ぶ「任意売却」とは
2/12(火) 11:31配信 ABCテレビ
マイホーム、それは多くの人の憧れ…。しかし。

「希望に満ちあふれて入ってきたもんなんで。いざ退去するとなると、寂しいところがありますね」

家族3人の思い出が詰まった家との、別れ。

「(ローンの支払いが)遅れてくると、もうちょっと無理やなと。あきらめというかね」

「結婚」という夢を託した家が、迎えた結末。いま、住み慣れた我が家を手放す人が、増えています。

長年の夢”を手放すとき
じっと我が家を見つめる男性の姿がありました。角田二郎さん(仮名)、56歳です。ガソリンスタンドの店員として、コツコツと働きながら、長年の夢だったマイホームを手に入れました。

「けっこう野鳥とか、ここに来るんですわ。猫も普通なら逃げるんやけど、逃げないんです」(角田二郎さん・仮名)
「Q.なついてる?」(記者)
「なついてるかねぇ」(角田さん)

独身の角田さん、若い頃には、結婚目前だった女性もいたといいます。しかし、給料をギャンブルで使い果たす角田さんに愛想を尽かし、女性は、去って行きました。
「将来結婚する時のため、一からやり直そう」そう思った角田さんはギャンブルをやめ、心機一転、6年前に中古住宅を購入しました。

「ルンルンになってました。『よっしゃここから頑張ろうか』という気持ちにね」(角田さん)

借入額はおよそ1400万円。85歳までの35年ローンで、月におよそ5万円を、当初は順調に返済していました。ところが、2年ほど前から、生活が苦しくなり、カードローンを利用。次第に借金が膨らみ、住宅ローンの支払いが、できなくなってしまいました。

「任意売却」という選択肢
このままでは自宅が競売にかけられてしまう。危機感を募らせた角田さんは、「任意売却」という方法を選択、専門家に依頼しました。

「任意売却の場合は、ほぼ一般に売却するのと同じくらいの金額で売れるので、残ったローンも少なくて済む。競売になってしまうより、遙かにメリットが大きいですね」(「任意売却119番」代表相談員・富永順三さん)

通常、住宅ローンの返済が一定期間滞ると、金融機関が申し立てをし、裁判所が「競売」を命じます。ただ、「競売」では、市場価格の6割ほどでしか、売れません。一方、「任意売却」であれば、競売にかけられる前に、所有者が自らの意思で金融機関と交渉して、相場に近い価格で、売ることができるのです。

角田さんのローンは、残り1200万円。今回の任意売却で、家は800万円前後で売れる見通しです。借金が400万円ほど残りますが、「競売」にかけられるより、大幅に有利になります。
任意売却を扱う「任意売却119番」。この会社への相談は増え続けていて、年間5千件以上もあると言います。この日、相談に訪れた男性は、離婚を機に家を売却しようとしていました。

「養育費支払いが困難になってきたので。子どもが成人するまでは私のほうが(家を売って)苦労してでも、その責任を全うしていきたい」(離婚で家を売却する男性)

突然襲った病を理由に…
売却の理由はさまざまですが、なかでも多いのはリストラによる収入の減少や離婚、そして病気です。

「4年前に頸椎の手術をしましてね、それでもう建築はできないと」

伊藤文男さん(仮名)、61歳。中学校を卒業してすぐ、生まれ故郷の長崎から関西に出てきて、左官職人として生計を立ててきました。しかし4年前、伊藤さんを悲劇が襲います。
「ある日突然、あさ起きたら左手の握力がなくなって、『すぐ手術しましょう』と」(伊藤文男さん・仮名)

長年体を酷使してきたためか、痛みやしびれで、左手をうまく動かせなくなったのです。普段の生活にも支障が出るようになりました。伊藤さんは21年前、2500万円で3LDKの中古住宅を購入していました。

「(家を買ったときは)やったなぁという感じでしたね。田舎から出てきたときは何もなかったですから」(伊藤さん)

手術をしてから4年間、仕事はできず、収入はありません。貯金を食いつぶしながら、月々9万円のローンを、なんとか払い続けてきました。

「ここで死ぬ覚悟で来たから、だからなかなかここを退くっていうのはちょっとね。でも、ねぇ、仕方ないですわね」(伊藤さん)

とうとう貯金が底をつき、去年、自宅の「任意売却」を決断。今後、金融機関と売却の交渉をしていくつもりです。

「シルバーセンターとかそういうところで働けるんなら働いて、収入を得て、家賃を払う。それが無理だったら、生活保護を受けられたら」(伊藤さん)
伊藤さんはハローワークにも通いましたが、不自由な体で雇ってくれるところは、まだ、ありません。

給料に恵まれた職場から 突然リストラ
大阪府内に住む48歳の会社員・橋本浩介さん(仮名)。長年住み続けた家を、この日、出て行きます。

「やっと広い家に住めると、両親とも喜んでいたんですけどね」(橋本浩介さん・仮名)

18年前、橋本さんは、両親と一緒に暮らすために3500万円・5LDKの住宅を新築で購入。ローンは父親と分担し、橋本さんは、2000万円を35年かけて支払うことになりました。その父親は15年前に亡くなり、橋本さんは、残った自分のローン、月々6万円の支払いを続けてきました。

「前の職場は給料よかったんで、なんとか払えるわという軽い気持ちでいてたんですけどね。リストラになってからはさすがに、そんな余裕がなくなってしまったんで」(橋本さん)

5年前に突然のリストラ。その後就職した会社では給料が大幅に減ってしまいました。
追い打ちをかけるように、母親の認知症が悪化し、介護施設に入所。橋本さんは、毎月の食費を2万円まで切り詰め、やりくりしてきましたが母親の施設の負担が重くのしかかり、
ローンの返済ができなくなりました。金融機関からは、督促の電話がかかるように。
「『このまま(未払いを)続けるようでしたら、違うところの段階に進みます』という話を受けまして」(橋本さん)

橋本さんは、両親との思い出の詰まった家を手放すことを決めます。それは、苦渋の決断でした。
「家族3人、健康で長く住めたらいいなと(思っていた)。人生の中で持ち家が持てたことだけは、よかったかなと思います」(橋本さん)

売却額は、買った時の半分以下の1550万円。それでも、ローンの残りをなんとか支払うことができ、借金は残りませんでした。
「18年住んで思い出がいっぱいありましたけども、新たに人生スタートと言うことで、新しい家でやり直していこうかなとは思っています」(橋本さん)

ABCテレビ"

24時間受付 メール無料相談はここをクリック