任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ 今すぐ電話相談、面談相談をお受けします。

体験談①:離婚後すぐ元夫が破産。家を出ることに…。

【相談者】女性 30代 愛知県名古屋市 築8年の分譲マンション

【状況】離婚後、元夫名義の家に私と子どもたちで住んでいました。住宅ローンは、養育費として、子供が成人するまで支払ってもらう約束で、離婚協議書も作成しました。派手好きなうえ、モラハラもひどかった彼との生活を終え、ほっとしたのもつかの間。離婚して1か月も経たないうちに弁護士から連絡があり、『元ご主人は破産します。ゆくゆく家からは出ていただきますので、まずはそのお知らせです。』と言われたのです。聞けば離婚数か月前から住宅ローンは滞納しており、その時初めて元夫のだまし討ちに気づいたのです。

【相談】 私としては、家を出るにしても、競売で家を追い出されるのだけは避けたい思いでした。 任意売却119番に問い合わせた当初は、私が所有者ではないことで扱いが難しいようでしたが、弁護士を通じて、家を任意売却できることになりました。担当の方が法律に明るかったおかげで、養育費は別途請求するよう申立てるようアドバイスされ、調停を申し立てました。

【結果】元夫の破産は管財事件となり、途中違う先生になりましたが、幸い任意売却に理解のある先生でした。おかげで競売にはならず、無事に任意売却で着地しました。元夫からは、相変わらず一切連絡がありません。どうあがいても、自分名義ではない家に住むことは、名義人のモラルや考え方次第なんだな、と痛感しました。住み続けることにこだわるより、養育費の確保を優先しておけば、展開は違っていたのかもしれません。

【担当者から】養育費の履行率は、40%前後とも言われます。減額要求もなく、満額を最後まで支払いきる割合はさらに減ります。お子さんのことを考えて家を維持したい、というケースは多いものです。家を優先するあまり、お子さんの将来の選択肢を捨てる結果になりはしないか?という視点で再考を促したいことも多々ありますね。